3月のアイルランドでの服装(パッキングリスト)

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

3月のアイルランドで何を着たらいいか迷っているなら、以下のガイド(アイルランド在住33年に基づく)が時間の節約になる。

特に初めてアイルランドを訪れ、セント・パトリックス・デーのために来るのであればなおさらだ!

しかし、それは とても アイルランドの3月がどんなものかを知れば、まっすぐな気持ちになれる。

3月のアイルランド・パッキングリスト アフィリエイト・リンクなし - ただ、堅実で良いアドバイスだ。

3月のアイルランドでの服装について知っておきたいこと

画像を拡大する

3月のアイルランドでの服装を見る前に、この月がどのような月なのか、10秒ほど時間をとって最新情報を入手する価値がある:

1.アイルランドは3月が春

3月はアイルランドの春の始まり。 平均最高気温は10℃、平均最低気温は4.4℃と、まだかなり涼しい。 月初めの日の出は07:12、日の入りは18:17で、月末には日の出は06:13、日の入りは18:49となる。 アイルランドのロードトリップ・ライブラリーにある旅程のいずれかをたどるのであれば、以下をうまく活用したい。あなたの朝

2.最善を望み、最悪を計画する

アイルランドの天候は予測不可能なことで有名だが、3月も例外ではない。2018年3月、ストーム・エマが国土の大半を少なくとも1フィートの雪で覆ったのを思い出してほしい!最善の準備は、たくさんのレイヤーを持参して、どんなシナリオにも対応できるように荷造りすることだ。 例年、アイルランドでは雨天、乾燥、晴天が混在しているため、どんな状況にも対応できるように計画を立てること。

3.出身地が大きく影響する

あなたがどこの出身かは、天候への対応に大きな影響を与えるだろう。 あなたが一般的にかなり寒い場所の出身なら、おそらく熱帯気候の出身者よりも涼しい春の気温でうまくいくだろう。 したがって、私たちは一般的なガイドとしてリストを使用し、それに応じて調整することをお勧めします。 しかし、疑問がある場合は、より多くのレイヤーをパックすることは誰も損をすることはありません!

4.一日に四季を感じることができる

天気予報を何度もチェックしても、アイルランドの天候は油断を許さない。 だから、1日に雨や雪が降ったり、晴れたりしても(3月でさえも!)、ショックを受ける必要はない。 だから、悪天候に備え、防寒着と防水着を用意することをお勧めする。 晴れていれば、脱いでバックパックに入れればいいだけだ!

3月のアイルランド・パッキングリスト

画像を拡大する

さて、必要な知識はさておき、3月のアイルランドでの服装と持ち物について見ていこう。

以下に、私たちが使っているプラグの種類と、3月のアイルランドのパッキングリストに必要なその他のアイテムを紹介する。

1.要点

シャッターストック経由の写真

関連項目: 13のベスト・アイリッシュ・ジン(2023年に飲もう)

まずは必要なものからパッキングすることをお勧めする。 そうすれば、譲れないものの後にどれくらいのスペースが残るかわかるだろう。 これらは人によって異なるだろうが、一般的なアイデアとして読み進めてほしい。

当たり前のように聞こえるが、大事な旅行の数週間前にパスポートの有効期限が切れていることに気づいたという話をよく耳にする。

次に思い浮かぶのはテクノロジー(ノートパソコン、カメラ、携帯電話、充電器など)だ。 アイルランドではタイプGのソケット(長方形の突起が3つ)を使っているので、アダプターが必要かもしれない。

次に、国内では手に入らないような特別な薬が必要な場合は、市販の鎮痛剤も用意しておきたい。 こちらでも簡単に買えるが。

天候が変わりやすい3月は、デイバッグが必需品。 水筒や魔法瓶、洗面用具、ネックピロー、ヘッドフォンもおすすめだ。

2.ウォータープルーフ

シャッターストック経由の写真

このウェブサイトでは、アイルランドで避けるべきことについてかなり語っている。重要なポイントのひとつは、天候が素晴らしいものだと思い込まないことだ。

3月はかなり雨が多く、滞在する場所によって雨の日の数は異なる。

街中を徒歩で散策するときでも、丘陵地帯をハイキングするときでも、ウォータープルーフがあれば旅先で重宝することは間違いない。

旅の大半を屋外で過ごす予定なら、防水ジャケット、防水ズボン、防水シューズを用意することをお勧めする。 カメラや携帯電話を持ってハイキングする場合は、バッグ用のレインカバーもあると便利だ。

旅行の大半を都市部で過ごすのであれば、防水ズボンを傘に替えてもいいだろう。

関連項目: サルティルのベストホテルガイド:きっと気に入るサルティルの11の宿泊先

3.コールドビーターズ

シャッターストック経由の写真

3月のアイルランドで何を着ようか迷ったら、まず足元から頭に向かって着こなすのがいい。

冬よりは暖かいとはいえ、3月の平均最低気温は4.4℃とかなり冷え込むので、帽子、手袋、毛糸の靴下などの防寒具や薄手のマフラーを持参することをお勧めする。

3月の平均最高気温は10℃なので、冬用のコートも用意する必要がある。寒さに慣れている人なら、薄手の羽毛ジャケットを2、3枚重ね着して、防水ジャケットを羽織れば十分だろう。

個人的に(女性として)やってみたいことは、ファッショナブルな気分になってロングスカートやマキシドレスを上に着たくなったときのために、防寒用のレギンスや厚手のタイツを持っていくことだ。

4.イブニング・ウェア

写真提供:ファイルテ・アイルランド

パブやレストランに行くなら、男性はジーンズにポロシャツかシャツ、女性はジーンズかロングスカートにきれいめのトップスかジャンパーがいいだろう。

さて、アイルランドには素晴らしい高級レストランがいくつかあるので、自分へのご褒美を計画しているのなら、もう少しフォーマルなものを用意しておこう。

セント・パトリックス・デイ(3月17日)にアイルランドに滞在する場合は、緑色のものを必ず持参(または購入)すること!

5.アクティビティ専用ウェア

シャッターストック経由の写真

気候が穏やかになり始めた3月は、なだらかなアイルランドの丘陵地帯を徒歩で散策するには絶好の季節だ。

ハイキングや海岸沿いのウォーキングを計画しているのであれば、丈夫な防水ブーツ、数枚余分に重ね着すること、そして質の高い防水靴を強くお勧めする。 晴れた日に備えてサングラス(その通り!)も用意するとよいだろう。

また、徒歩で街や町を散策するときのために、履き心地のいい防水シューズも用意しておきたい。

3月のアイルランドでの服装に関するFAQ

3月のアイルランドのパッキングリストは何が一番安いですか』から『3月のパブはカジュアルですか』まで、長年にわたってたくさんのご質問をいただいてきました。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

3月のアイルランドでは何を着るべき?

平均最高気温は10℃、平均最低気温は4.4℃なので、暖かいレイヤリング、防水コート、多めの靴下、カジュアルなイブニングウェア、必需品(有効なパスポート、必要な薬、正しい充電器)が必要だ。

3月のダブリンでは、人々はどのような服装をしているのだろうか?

防寒着、履きなれた靴、防水性の高いアウターが必需品だ。 ダブリンは高級レストランを除いてカジュアルだ。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。