アイルランドの伝統音楽で最もポピュラーな楽器9選

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

このガイドでは、アイルランドの伝統音楽を演奏するのに使われる、最もポピュラーな伝統楽器を紹介する。

アイルランドが世界的に有名なものといえば、音楽だ。

何しろ、世界で唯一、ハープという楽器を国章にしている国なのだから。

アイルランドの民族音楽を象徴する独特のメロディ・サウンドは、アイルランドの伝統楽器のアンサンブルから生まれる。

アイルランドの伝統音楽を演奏するための楽器

  1. フィドル
  2. ハープ
  3. フルートとホイッスル
  4. ウイリアン・パイプス
  5. アコーディオンとコンサーティーナ
  6. バンジョー
  7. マンドリン
  8. ブズーキ

1.フィドル

シャッターストック経由の写真

フィドルは、アイルランドの伝統音楽を演奏するための最もポピュラーな楽器であることは間違いない。 アイルランドの民族音楽における基本的な楽器のひとつであるため、アイルランドのトラッド・ソングの多くにフィドルがフィーチャーされている。

この伝統的なアイルランドの楽器をご存じない方は、バイオリンの一種であるが、演奏方法は全く異なり、地域によって異なる。

例えば、スライゴでフィドルをフィーチャーしたアイルランドの伝統音楽は、弓のストロークが不明瞭でビブラートをほとんどかけず、非常に速く流れるように演奏される。

ドニゴールでは、フィドルの演奏は足をたたくようなリズムと独特のスタッカートの音を反映する。

東ゴールウェイでは、フィドラーはメロディーを重視し、一方、スリアブ・ルアクラ(マンスター)の高地では、フィドラーは独特のボウイングスタイルでポルカ、スライド、リールを好む。

2.ハープ(アイルランドを代表する楽器のひとつ)

シャッターストック経由の写真

ケルトのハープは、アイルランドを象徴する正真正銘のシンボルのひとつである。 何世紀も前から伝わるアイルランドの伝統楽器で、最初のハープはトゥアタ・デ・ダナンのダグダ酋長が所有していたという伝説がある。

どうやら彼は、そのスタイルによって聴衆を泣かせたり、笑わせたり、あるいは眠りに誘ったりすることができたようで、ハープは「悲しみ、喜び、安らぎ」の調剤師として知られるようになった。

ハープ」とは「弾く」という意味で、オリジナルのハープにはガット弦ではなくワイヤー弦が張られていた。

この美しいアイルランドの楽器は、伝統的に冠婚葬祭で演奏され、アイルランド文化の中で特別な位置を占めている。

3.フルートとホイッスル

シャッターストック経由の写真

フルートとホイッスルは、アイルランドの伝統音楽を演奏するために、さらにポピュラーなアイルランドの楽器である。

フルート、ティン・ホイッスル、ロー・ホイッスルは、いずれも木管楽器に属するアイルランドの伝統楽器で、指使いは似ているが、それぞれ異なる音色を奏でる。

12世紀に遡るが、錫笛やペニーホイッスルは甲高く甲高い音を出す(ジェラルディン・コッターを思い浮かべてほしい)。

フルートは古典的な管弦楽器であり、ロー・ホイッスルに似た音色を持つ。 マウスピースに吹き込むのではなく、マウスピースを横切って吹き、ビロードのような柔らかい音色を奏でる。

4.ウイリアン・パイプス

シャッターストック経由の写真

アイルランドの伝統音楽を演奏するアイルランドの楽器の中でも、あまり知られていない楽器のひとつであるウイリアン・パイプスは、スコットランドのバグパイプに似ており、アイルランドの国民的パイプである。

「ウイアン」とは「肘のパイプ」を意味し、腰に巻いた蛇腹で袋を膨らませ、腕でポンピングする。

バグパイプのように息を吹き込む手間が省け、より乾燥した空気をリードに送ることができる。 指孔のある管はチャンターと呼ばれ、アイルランドの伝統的な楽器で音を出すために使われる。

通常は座って演奏するが、才能あるウイリアン・パイパーはアイルランド音楽を演奏しながら歌ったり話したりすることもある。

5.アコーディオンとコンサーティーナ

シャッターストック経由の写真

アコーディオンとコンサーティーナは、即興の音楽セッションや歌の伴奏によく使われるアイルランドのポピュラーな楽器だ。

スクイーズボックス」の愛称で親しまれるこのアコーディオンは、肩からストラップで吊るされ、左手はボタンで低音を、右手は鍵盤で主旋律を弾きながら、箱を引っ張ったり絞ったりして蛇腹を操作する。

コンサーティーナはスクイーズボックスの中でも小型のもので、鍵盤の代わりに蛇腹の両端にボタンが付いた六角形のものが多い。

6.バンジョー(アイルランドで最もポピュラーな楽器のひとつ)

シャッターストック経由の写真

バンジョーは、アイルランドの伝統音楽を演奏するための私のお気に入りの楽器のひとつであり、アイルランドのベスト・ドリンキング・ソング・ガイドの多くの曲で取り上げている。

多くのアイリッシュ・バンドに愛用されたバンジョーは、丸い箱型キャビティと5本の弦が張られたネックを持ち、ナットで調弦・調整する。

テナー・バンジョーはアイリッシュ・フォーク・ミュージックでは比較的新顔で、1960年以前はほとんどフィーチャーされることはなかったが、状況は移り変わっていった。

関連項目: ダブリンのギネス・ストアハウス:ツアー、歴史、楽しみ方

バンジョーは叩くことも、指でつまむことも、プレクトラムで弾くこともでき、アイルランド音楽では単音のメロディーを演奏するのが一般的だ。

7.マンドリン

シャッターストック経由の写真

ケルト・マンドリンは、タマネギのような形をした美しい楽器で、無垢材(通常はローズウッドかマホガニー)の背は平らか緩やかなカーブを描いている。

ギターよりも小さいケルトのマンドリンには、丸いサウンドホールと楕円形のサウンドホールがあり、4組の二重弦をプレクトラムで弾く。

リュートファミリーの一員であるマンドリンは、ダブリナーズ、ホースリップ、リンディスファーンなどのバンドが演奏するようになった70年代初頭まで、アイルランド音楽の楽器として取り上げられることはほとんどなかった。

8.ギター

シャッターストック経由の写真

アコースティック・ギターは、ジグ、スリップ、リールに最適なアイリッシュ楽器で、足でたたくようなリズムを生み出す。

ギターは、4本の弦を一定のフォーメーションで押さえながら、サウンドボックスを指や前腕を動かすプレクトラムで叩くことで生まれるコードを使って、比較的簡単に独学で弾くことができる。

ギターはフラット・ピックも可能で、フォーク・ミュージックには最適だが、ジグを弾くには不規則なストラムが必要で、少し難しい。

9.ブズーキ

シャッターストック経由の写真

ブズーキは、アイルランドの伝統音楽を演奏するための、あまり知られていない楽器のひとつで、ギリシャのブズーキから転用された。

アイリッシュ・ブズーキは、1960年代半ばにジョニー・モイニハン(スウィーニーの部下)によってアイリッシュ・ミュージック・シーンに導入されたばかりで、アイルランドの伝統的な楽器ではない。

70年代初頭、アイルランドのミュージシャン、ドーナル・ルニーは、2オクターブ弦をユニゾン弦に置き換え、後にこの仕様のブズーキを初めて依頼した。

現在ではアイルランド民謡に欠かせないものとなっており、主にフルートやフィドルの和音伴奏に使われる。 アイルランドのラブソングのベスト・ガイドでは、多くの曲で取り上げている。

10.ボドラン

シャッターストック経由の写真

ボドラン(Bodhrán)・ドラムは、何世紀にもわたって親しまれてきたアイルランドの代表的な打楽器である。

直径25cmから65cmで、直立姿勢で演奏し、片側は動物の皮(通常は山羊の皮)で覆われ、もう片側は手で音程と音色を調節する。

関連項目: ループヘッド灯台を大西洋の野生バケットリストに入れるべき理由

アイルランドの反乱歌で人気のボドラン・ドラムの深みのある音色は、フィドル、ハープ、ギターなど他のアイルランド楽器を引き立てる。 ボドラン」とは鈍いという意味で、ドラムの空洞の音を反映している。

11.ハーモニカ

シャッターストック経由の写真

アイリッシュ・ハーモニカは、ウェックスフォード州でよく演奏される口琴の一種であるが、アイルランド全土でアイルランド音楽の楽器として親しまれている。

ハーモニカを演奏できるようになるには、正式なレッスンは必要なく、十分な練習とちょっとした試行錯誤が必要だ。

手持ち楽器には通常10個の穴があり、ブレス・コントロールとリップ・トレーニングを少し練習すれば、すぐに実りあるハーモニーを奏でることができる。 ハーモニカは、アイルランドの伝統的な楽器として、スロー・エアや速いダンス曲で長い間親しまれてきた。

アイリッシュ・ミュージックの楽器や打楽器に関する基本的な知識を身につけたあなたは、アイリッシュ・ミュージックのディスカッションに参加することができます。

アイルランドの伝統楽器:私たちが見逃している楽器は?

上記のガイドに加えるべきアイルランドの楽器が他にもあることは間違いない。

お勧めのものがあれば、コメント欄で教えてください。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。