コークのロセス・ポイント灯台:タイタニックとの関連、魚雷、灯台の宿泊施設

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

T 強大なロッシュ・ポイント灯台はアイルランドを代表する灯台のひとつだが、コークの数ある観光スポットの中でも最も見過ごされている灯台のひとつだと言えるだろう!

コークの南端に位置するロッシュ・ポイント灯台は、コーク港の入り口を見下ろすように堂々と建っている。

この隠れた名所は200年以上も操業しており、今では有名なタイタニック号もこの近くで最後の錨を下ろした!

以下のガイドでは、2022年に華麗なロッシュ・ポイント灯台を訪れる予定の方に知っておいていただきたいことをすべてご紹介しています。

ロッシュ・ポイント灯台を訪れる前に知っておきたいこと

写真:mikemike10(Shutterstock)

ロッシュ・ポイント灯台の見学はいたって簡単だが、訪問をより楽しくするために知っておくべきことがいくつかある。

1.ロケーション

この象徴的な灯台は、トラボルガンとして知られる町のコーク港の入り口にぴったりと建っている。 コーク市内から車で行く場合、ロッシュ・ポイントまで41分かかる。 コブから来る場合もほぼ同じ距離だ。

2.駐車場

幸いなことに、ロッシュ・ポイント灯台から数分のところに無料の駐車場がある。 大西洋を見渡せる絶好のロケーションだ。 普通の日なら駐車スペースは十分にあるはずだが、大型船や「有名な」船が停泊している場合は混雑することもある。

3.灯台へのアクセス

現在、灯台への一般立ち入りは禁止されている。 唯一の例外は2017年、コーク・ハーバー・フェスティバルの一環として、史上初めて1,500人の立ち入りが許可されたことだ。

4.タイタニックとのリンク

興味深いことに、1915年にキンセールのオールド・ヘッド付近で魚雷攻撃を受けたルシタニア号がSOSメッセージを送ったのは、このロッシュ・ポイント灯台の無線局だった。

ロッシュ・ポイント灯台の歴史

写真:Babetts Bildergalerie (Shutterstock)

ロッシュ・ポイント灯台にまつわる物語は、ウェックスフォードのフック灯台ほど長くなく、色彩豊かではないが、興味深いものだ。

そして、1817年6月4日、コーク港に安全に入港するための手段として、最初の灯台が設置されたことからすべてが始まった。

オリジナルの灯台

多くのアイルランドの灯台がそうであったように、ロッシュ・ポイントのオリジナルの灯台も結局は小さすぎて、その目的には適さないと判断された。

高さ49フィート、直径12フィートの現在の構造物は、それ以来、順調に稼動している。

ルシタニア号リンク

ルシタニア号をご存じない方は、1915年5月にドイツのUボートの魚雷を受けた英国の豪華客船である。

キンセールのオールドヘッド沖約14マイルで起きたこの悲劇は、乗客乗員1,198名もの命を奪う結果となった。

魚雷が命中した後、ルシタニア号がSOSメッセージを送ったのは、ロッシュ・ポイント灯台の無線局だった。

宿泊施設

滞在はできないが ロッシュ・ポイント灯台に泊まれる 次のページ コテージに泊まっている。

関連項目: ウォーターフォードのアードモアガイド:見どころ、ホテル、食事、パブなど

ここからは見渡す限りのオーシャンビューが楽しめる。 VRBOでの宿泊予約はこちらから(アフィリエイトリンク)。

ロッシュ・ポイント近郊の見どころ

ロッシュ・ポイント灯台の魅力のひとつは、人工のものから自然のものまで、他のアトラクションからちょっと足を伸ばしたところにあることだ。

以下では、ロッシュ・ポイントから目と鼻の先にある見どころやアクティビティをご紹介します(さらに、お食事処や冒険の後に一杯やる場所も!)。

1.バリコットン・クリフ・ウォーク

Photo via Luca Rei (Shutterstock)

バリコットン・クリフ・ウォークは、車でわずか34分の距離にあり、スタートからゴールまで海岸沿いの素晴らしい景色が楽しめる。 ウォークは周回コースではなく、約3.5kmで、完歩には3時間ほどかかる。

2.ミドルトン蒸留所

写真提供:ジェムソン蒸溜所ミドルトン(ウェブサイト&インスタグラム)

ミドルトンはコーク市から東へ30分のところに位置し、不思議なミドルトン蒸留所がある。 ウイスキー好きには特に、世界最大のポットスチルを見つけたり、古い工場について学んだりできる、ここのジェムソン体験ツアーが楽しいだろう。 ミドルトンには他にも見どころがたくさんある。

3.コブ

写真 © The Irish Road Trip

コブは悲劇的なタイタニック号の最後の寄港地であったため、歴史ファンや映画が好きな人には理想的な観光地である。 タイタニック・エクスペリエンスでタイタニック号について学ぶこともできるし、コブには他にも見どころがたくさんある。

4.コーク・シティ

写真:mikemike10(Shutterstock)

コーク市はコンパクトにまとまっているため、徒歩で簡単に街を散策することができ、イングリッシュ・マーケットで腹ごしらえをした後におすすめだ。 歴史に触れたい方は、コーク市立刑務所を訪れるか、コーク市の見どころガイドをご覧いただきたい。

ロッシュ・ポイント灯台に関するFAQ

ロッチ・ポイント灯台の中に入れるのか、近くに何があるのか、などなど、何年にもわたってたくさんの質問をいただいてきました。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

関連項目: ブレイ・ヘッド・ウォーク:手軽な登山と絶景ガイド

ロッシュ・ポイント灯台に入ることはできますか?

ロッシュ・ポイント灯台は現在一般公開されていないが、近くから壮大な海の景色を眺めることができる。

ロッシュ・ポイント灯台に泊まれますか?

灯台そのものに泊まることはできないが、灯台のすぐ隣にあるコテージで一泊することができる(上のリンク)。

ロッシュ・ポイントの近くには何がある?

バリーコットンやコブからコーク・シティまで、そしてロッシュ・ポイントからちょっと足を伸ばせば、いたるところにある。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。