ケリーのグレンビー・ガイド:見どころ、宿泊施設、食事など

David Crawford 17-08-2023
David Crawford

ケリー州グレンベイでの滞在をお考えなら、ここはうってつけの場所です。

リング・オブ・ケリーの宝石」として知られるグレンベイは、キラーニーやケンメアよりもずっと静かでありながら、ケリー州の人気観光スポットである。

湖、川、砂浜、なだらかな丘、シーフィン・マウンテンに囲まれたこの歴史的な町は、素晴らしい風景の中にある。

以下のガイドでは、グレンベイの見どころから滞在先、グルメスポットまでご紹介しています。

ケリーのグレンベイを訪れる前に知っておきたいこと

Photo by 4kclips (Shutterstock)

ケリーのグレンベイを訪れるのは簡単で良いが、訪問をより楽しくするために知っておくべきことがいくつかある。

1.ロケーション

GlenbeighはケリーのIveragh半島に位置し、TraleeとKillarneyからわずか35kmという便利な場所にあります。 素晴らしいRossbeigh Beachは目と鼻の先です。

2.名前

アイルランド語ではGleann Beitheと呼ばれ、大雑把に訳すと「Beitheの渓谷」となる。

関連項目: ストランドヒル宿泊ガイド:9軒の宿泊施設(町とその周辺

3.リング・オブ・ケリー

グレンベイは、リング・オブ・ケリーのドライブ・ルート上に位置するため、この地域を訪れる観光客の一番の選択肢となっている。 近郊のキラーニーから始まるリングの終点または始点に立ち寄り、1日または2日過ごすのに最適な場所である。

グレンベイの歴史

写真:Jon Ingall (Shutterstock)

グレンベイは歴史と神話に彩られ、フィアンナの伝説が数多く残っている。 ディアムイドとグレインは、偉大な戦士フィオン・マック・カムハイルから逃れるために、ベヒの谷の洞窟にしばらく隠れていたと信じられている。

近くのロスビー・ビーチもフィアナの伝説に登場する有名な場所だ。 オイシンとナイアムはこの素晴らしいビーチから生者の世界を離れ、白馬に乗って海に出て若者の国(Tír na nÓg)に住んだと言われている。

最近の歴史では、グレンビー・タワーズとしても知られる『ウィンの愚行』の跡を見ることができる。

1867年にヘッドリー・ウィン卿によって建てられたこの城は、城の建設によって上がり続ける家賃を払えなくなった借家人たちが、強制的に立ち退きを迫られた残虐なことで悪名高い。

グレンベイ(およびその周辺)の見どころ

写真=Monicami/Shutterstock.com

周囲には多くの歴史と素晴らしい自然があり、グレンベイ周辺での楽しみには事欠かない。

グレンベイの最大の魅力のひとつは、ハイキングやウォーキングから史跡まで、誰もが楽しめる何かが用意されていることだ。

1.ロスビー・ストランドを散策する

写真:SandraMJ Photography (Shutterstock)

ロスビー・ストランドはケリー屈指のビーチで、キラーニー近郊の数あるビーチの中でも最も人気がある。

ロスベイはディングル湾に6キロも突き出ていて、ゴージャスな砂浜が長く続き、この世のものとは思えないような景色が広がっている。

ブルー・フラッグ・ビーチは、徒歩や馬に乗って探検したり、泳いだり、サーフィンをしたりするのに最適な場所で、グレンベイからわずか1.6kmのところにある。

2.ケリー・ボグ・ビレッジ博物館見学

写真:ケリー・ボグ・ビレッジ・ミュージアム

この博物館を訪れれば、この地方に点在する多くの泥沼の村に住んでいた人々の日々の生活や文化、苦労を知ることができる。

また、有名なケリー・ボッグ・ポニーは子供たちに大人気だ。

3.リング・オブ・ケリーをドライブまたはサイクリングする

写真:ヨハネス・リグ(Shutterstock)

リング・オブ・ケリーは、イヴェラー半島を一周するドライブやサイクリングに最適なルートだ。

道中には、美しい自然から趣のある古い町や村まで、さまざまな見どころがある。 また、数え切れないほどのビーチがあり、いたるところで写真撮影のチャンスがある。

4.ケルズ・ベイ・ハウス&ガーデンを訪ねる

17ヘクタール以上の広大な敷地からはディングル湾が見渡せ、3キロのウォーキングトレイルが縦横に走り、さまざまなエキゾチックな植物や小川のせせらぎ、時には滝を眺めることができる。

5.カラフ湖で景色を楽しむ

Photo by imageBROKER.com (Shutterstock)

カラグ川に沿って町を出れば、山と古代林に囲まれた素晴らしい湖、カラグ湖に行き着く。

驚くほどのどかで、半日ほどのんびりするのもいいし、たくさんあるビューポイントを散策するのもいい。

6.カラウントゥヒル登頂

写真:Timmy Keane (Shutterstock)

グレンベイに滞在していれば、標高1,040メートル弱のアイルランドで最も高い山、カラウントゥヒル(Carrauntoohil)からそれほど遠くない。 かなりハードな山登りで、気の弱い人には向かない。 体調を整え、天候に恵まれることが必要だ!

7.ヴァレンティア島まで足を伸ばす

写真:クリス・ヒル

ヴァレンティア島は、リング・オブ・ケリーを西にたどると、グレンベイから約45kmのところにある。 アイルランドで最も西に位置する島のひとつであり、訪れる価値のある場所だ。 風変わりな村や素朴な教会、古代の遺跡などがあり、時間を費やす価値がある。

グレンベイのホテルと宿泊施設

写真はAirbnb経由

グレンビーには、別荘からホテルまで、ご予算に関係なくたくさんの宿泊施設があります。

以下のリンクからホテルをご予約いただくと、当サイトの運営に必要な手数料をお支払いいただくことになります。 余分な費用はかかりませんが、本当に感謝いたします)。

グレンベイのホテル

  • ザ・グレンビー・ホテル
  • タワーズ・ホテル・グレンビー

グレンベイの別荘

  • ジャックス・コーストガード・コテージ バケーション・ホーム
  • ザ・ロッジ・ロスビー

グレンベイのパブ

写真はグレンベイ・ホテルのFacebookより

ビーチで一日を過ごしたり、地元の観光名所を巡ったりした後は、グレンベイの地元パブで一杯やりながらワイワイ騒ぐのが最高だ。

1.灰

Ashesは、幹線道路(リング・オブ・ケリー)沿いにある家族経営の素晴らしいパブで、見つけやすい。 以前は八百屋だったが、このウェット・スタイルのパブの歴史は100年前にさかのぼる。

現在では、地元の人々にも観光客にも人気があり、ドリンクや軽食の品揃えも豊富で、定期的にライブミュージックやスポーツイベントも開催されている。 バーで一席、隠れ家的な席を探すもよし、晴れた日には広々とした屋外席で、行き交う人々を眺めるのもいいだろう。

2.ザ・グレンビー・ホテル・バー

この伝統的な地元のバーは、質の高いビール、ワイン、スピリッツ、そして一流の料理を提供することで、時代の流れにうまく対応している。

素朴な魅力がにじみ出るこの店は、ビール数杯と伝説のチキンカレー、あるいは焚き火の前で居心地のいいビールを数杯飲むのに最適だ。 毎週日曜日の夕方には伝統音楽のセッションがあるので、フルートが得意な人はぜひご持参を!

3.ロスポイント・バー&レストラン

ロスポイントは、大西洋を見渡す素晴らしいパノラマビューが自慢の素晴らしいロケーションにある。 内部は広々としており、モダンと素朴なデザインの要素が調和した、洗練された、それでいて居心地の良い会場となっている。

屋外の席は晴れた日に最適で、湾を見渡す景色が素晴らしい背景となる。 定期的に生演奏が行われ、ビリヤード台もあるので、数時間を過ごすのに最適な場所だ。

グレンベイのレストランとカフェ

グレンベイのパブ料理は素晴らしいが、グレンベイには他にも探してみる価値のあるカフェやレストランがたくさんある。

1.エミリーズ

エミリーズは、デリ、ベーカリー、ショップを兼ねた珠玉のカフェ。 薪窯で焼くサワードウ・ピザがメインだが、他にもたくさんのメニューがある。

デザートも大きな魅力のひとつで、カウンターの上のインテリアと見間違うほどおいしそうだし、味はもっとおいしい! 店内はチャーミングだし、屋外にもテーブル席がいくつかあるので、どちらもコーヒーとケーキを楽しむのに最適だ。 イートインでもテイクアウトでも、どちらにしても行ってみてほしい!

2.タワーズ・ホテルのキュラ・レストラン

タワーズ・ホテルのキュラ・レストランは、週7日、毎晩、地元の最高の食材を使った料理を提供している。

獲れたてのシーフードが中心だが、ケリー産の山羊のラックも食欲をそそるおいしさだ。 ベビーグランドピアノの鍵盤が夜通し鳴り響き、くつろいだ雰囲気が漂う。

ケリーのグレンベイ訪問に関するFAQ

数年前に出版したケリーのガイドでこの町を紹介して以来、ケリーのグレンビーについていろいろと尋ねるメールが何百通も届いた。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

ケリーを訪れる際、グレンベイを拠点にする価値はあるのだろうか?

観光客でごった返すことなく、海のすぐそばにある町に泊まりたいなら、ケリーのグレンベイは最高のオプションだ。 町には飲食店もたくさんあるし、近くには見どころもたくさんある。

関連項目: カラウントゥヒル・ハイキング・ガイド:デビルズ・ラダー・ルートへのステップバイステップ・ガイド

グレンベイの見どころは?

ロスビー・ストランド(Rossbeigh Strand)を散策し、ケリー・ボッグ・ビレッジ博物館(Kerry Bog Village Museum)を訪れ、ケルズ・ベイ・ハウス・アンド・ガーデンズ(Kells Bay House and Gardens)を見学し、カラフ湖(Lough Caragh)で景色を満喫する。

グレンベイで泊まるならどこがいい?

上のガイドでは、Glenbeighにある最高のB&B、Airbnb、宿泊施設へのリンクがあり、あらゆる予算に対応できます。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。