ケルトとアイルランドの神話に登場する31の最も恐ろしい生き物へのガイド

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

アイルランド神話に関する質問は、アイルランド神話上の生き物(別名ケルト神話上の生き物)を中心に展開される。

アイルランドの民話を読んだことがある人なら、アイルランドの神話に登場する生き物がたくさんいることをご存知だろう、 異なる そのタイプで。

プーカのように、アイルランド神話に登場するクリーチャーには、楽しくて素敵な物語が結びついているものもあれば、アブハルタッハのように、恐ろしいとしか言いようのないものもある!

以下のガイドでは、アイルランドの神話に登場する32の生き物を、それぞれの生き物に関する簡単な情報とともに紹介しています。 ケルトの神々と女神のガイドもぜひご覧ください!

第1節 恐るべきアイルランドの神話上の生き物/アイルランドの怪物たち

このガイドの最初のセクションは、ケルト神話に登場する生き物のうち、「恐ろしい」方面の生き物に特化している。

暗い路地では遭遇したくないフェアリーや、どこでも遭遇したくないアイルランドのヴァンパイアがここにいる!

1.アブハルタッハ(アイルランドの吸血鬼)

さて、ブラム・ストーカーのドラキュラがアイルランドと深い関係があることは広く知られている。

作者はもちろんダブリン生まれである。 しかし、ここで私たちが言及しているのはドラキュラではない。

アブハルタッハの話は否定しがたく、多くの人がこの話は事実に基づいていると信じている。

このガイドでは、このケルト神話の生き物の物語を語り、アイルランドのどこを徘徊していたのか(そして今はどこに埋もれているのか)についての洞察を提供する。

2.邪眼のバロール

フォモリア人と呼ばれる超自然的生物のリーダー、邪眼のバロールは、アイルランドに数多くいる悪魔の一人で、意外にも大きな目を持つ巨人だった。

父のドルイドを監視していたとき、呪文から発生した不快な蒸気が目に入った。 その目は腫れ上がり、彼に死の力を与えた。

3.バンシー

バンシーは、アイルランド神話に登場する生き物やアイルランドのモンスターの中でもよく知られているもののひとつである。

関連項目: トリムで(そしてその近郊で)できる最高の12のこと

アイルランド神話に登場する女性の精霊バンシーは、恐ろしい目をした老婆だったり、白いドレスを着た青白い女性だったり、覆いをかぶった美しい女性だったりと、さまざまな姿で現れる。

彼女がどのように見えるかにかかわらず、多くの人の背筋をゾッとさせるのは、差し迫った破滅を告げる彼女の慟哭なのだ。 バンシーの詳細はこちら。

4.オイリフェイスト

オイリフェイストはケルトの怪物と表現されることが多いが、ドラゴンの姿をしていたと言われている。

オイリフェイストはアイルランド全土の多くの湖や川の暗く濁った水の中に生息しており、多くのアイルランドの戦士たちがこのケルト民話に登場するクリーチャーと戦うことになった。

5.ディアグ・デュー(あまり知られていないアイルランド神話の生き物のひとつ)

ディアグ・ドゥーエは、よく知られたアブハルタッハの影に隠れているが、恐ろしさでは負けていないと我々は思う。

ディアグ・デューは、吸血鬼に似た特徴を持つアイルランドの神話上の生き物/アイルランドの怪物のひとつである。

伝説によれば、男を誘惑して血を抜く狡猾な吸血鬼だという。

6.デュラハン

人々はフェアリーを、さまざまな魔法の力を持つ、幸せで小さなアイルランド神話の生き物と見なす傾向がある。

次のクリーチャー、デュラハンは、黒い馬に乗った首のないライダーの姿をしており、「幸せ」と表現するのに苦労するフェアリーだ。

伝説によると、このアイルランド伝承のクリーチャーは、人間の背骨を鞭として使う。 デュラハンはまた、死の予兆を示すことができる。 彼があなたの名前を呼ぶと、あなたはすぐに死んでしまう。

7.フォモリアン

はっきり言っておくが、フォモリアンはケルト神話に登場するような危険な生き物ではない。

超自然的な巨人の種族であるフォモリアンは、しばしば海/地下世界からやってきた醜悪な姿をした怪物と表現される。

アイルランドの物語には、強大なトゥアタ・デ・ダナンとともにアイルランドに最初に定住した種族のひとつであるこの生き物の物語が数多く語られている。

8.バーナーハ(アイルランドの悪魔)

そして次は、再び不気味なケルトのモンスター、バーナハに戻る。 アイルランドの民間伝承では、バーナハは戦場に出没することで知られる超自然的な種族である。

この空中を飛び交う悲鳴を上げる悪魔は、ヤギのような外見をしており、暴力と死を連想させたのだろう。

9.ザ・スルアグ

スラウグとは、アイルランド神話に登場する数少ない生き物のひとつで、子供の頃、友人からその話を聞いて、本当にゾッとしたものだ。

このケルトの怪物たちは、地獄でも天国でも歓迎されないと言われる落ち着きのない霊魂で、そのため、土地を放浪するままにされていた。

伝説によれば、スラウグ族は自分たちの運命に怒り、すれ違った者の魂を奪い取るという。

10.エレン・トレチェンド

エーレン・トレチェンドはまさにケルトの怪物である。 3つの頭を持つケルトの怪物 さて、多くのアイルランド神話の生き物と同様、エレン・トレチェンドも物語によってその姿を変える。

この生き物をハゲタカの姿と表現する話もあれば、火を噴くドラゴンと表現する話もある。

エレン・トレチェンドは、キャス・メイジ・ムクラマと呼ばれる物語の中で、洞窟から出てきて破壊の限りを尽くすことで知られている。

第2節 無害なケルト神話の生き物たち

それでは、不気味でないケルト神話の生き物を紹介しよう。 セクション2では、害の少ないケルトの生き物を取り上げる。

ここでは、レプラコーンや、私の個人的なお気に入り、プーカとして知られるいたずら好きなシェイプシフターを見つけることができる!

1.レプラコーン

レプラコーンは、ケルトに伝わる数多くの生き物の中で、間違いなく最もよく知られた生き物だ。主にアイルランドとの結びつきと、それにまつわる風変わりな物語のせいである。

アイルランドの伝承では、この妖精のような生き物は信用できないトリックスターで、可能な限りあなたを欺く。

一般に信じられていることとは異なり、レプラコーンは「アイルランド人の幸運」という言葉とは何の関係もない。 この言葉は実際には攻撃的な起源を持つ。

2.プーカ

プーカ(またはプーカ)は、アイルランドの神話に登場する生き物のひとつでありながら、あまり注目されていない。

このいたずら好きな小人は、吉凶をもたらすと言われ、さまざまな動物の姿で現れるが、いつも黒いコートを着ている。

プーカは人間の言葉を操り、人々を混乱させ、恐怖に陥れるのが大好きだ。 詳しくはこちらのガイドを参照。

アイルランドの神話に登場する生き物の話を子供たちに聞かせたいなら、この話はうってつけだ!

3.ザ・メロー

このケルト神話に登場する生き物は、人魚のような外見をしているが、似ているのはここからである。

多くのケルトのクリーチャーがそうであるように、メローは驚異的な力を持っており、陸地や深海に住むことができる。

メローは半分が魚(腰から下)、半分が美しい女性(腰から上)だと言われており、伝説によれば、友好的で控えめな性格だという。

4.フィアー・ゴルタ

フィアー・ゴータは、アイルランドの飢饉の時代に出現したケルトの伝承生物のひとつである。

フィアー・ゴルタはケルトのクリーチャーで、疲れ果てて天候に翻弄される男の姿をしており、食べ物をねだる。

フィアー・ゴルタ(しばしば「飢餓の男」とも呼ばれる)は、援助や親切を提供する者に財産を提供する。

5.クルリショーン

クルリチャーンは不思議な存在だ。 人をからかうという点では、ある程度プーカに似ているが、似ているのはそこまでだ。

一言で言えば、これは世界中の町や村で見られる、人によく似たアイルランドの伝承生物のひとつである。

クルーリチャーンは、酒が好きすぎて人をたぶらかすのが好きな老人の姿をしている......。

6.ファー・ダリグ

長い鼻と細い尻尾を持つ超自然的な存在であるファー・ダリグは、実はアイルランド神話に登場するレプラコーンと密接な関係がある。

この小さなフェアリーたちは通常、赤い帽子とコートを身に着けており、クルリショーンと同様、人間に悪ふざけをするのが大好きだ。

セクション3:アイルランド神話 猛烈な戦士だった生き物たち

アイルランド神話のガイドを読めば、アイルランド神話には戦いで獰猛なことで知られる生き物がたくさんいることがわかるだろう。

以下のセクションでは、多くの戦場を彩り、腕利きの戦士として知られるケルトのクリーチャーを紹介している。

1.アブカン

小人の詩人であり音楽家であったアブカンは、恐れを知らぬトゥアタ・デ・ダナンの一員であった。

ある物語では、アブカンはアイルランドの偉大な戦士クー・チュレインに捕らえられた。

彼は楽器を取り出し、クー・チュレインが眠りに落ちるまで心地よい音楽を奏でた。

2.アオス・シー

Aos Síは「塚の人々」と訳される。 このケルトの民間伝承のクリーチャーは、非常に保護的で、美しいまたはグロテスクな生き物の形で現れることがある。

伝説によれば、もし人間が彼らを怒らせるようなことをすれば、彼らは躊躇なく手痛い復讐をするという。

3.アイベル

アイベルは、音楽を使って敵を倒すアイルランド神話のクリーチャーの一人だ。

ダール・ガイス(アイルランドの一族)の守護者であるアイベルは、トーモンドの妖精の女王である。

彼女はクレイグ・リアスに住み、魔法のハープを演奏していた。 彼女の演奏を聴く者は、むしろ早く死ぬと信じられている。

4.オッソリーの人狼

うーん、今にして思えば、オッソリーのマン・ウルフはケルトのモンスターと一緒にしておくべきだったかもしれない...。

オッソリーの人狼のモチーフはアイルランド神話に強く、多くの昔話がこの人狼の部族を中心に展開されている。

アイルランドの古代の王たちは、戦争中に獰猛な敵に立ち向かうとき、彼らの助けを求めていた。

5.妖精の女王

妖精を語らずしてアイルランド神話の生き物を語ることはできないし、妖精の女王を紹介せずして妖精を語ることはできない。

すべての妖精の支配者である妖精の女王は、最も有名なケルトの生き物のひとつである。

しばしばタイタニアンやマブと名付けられ、魅惑的で美しいと評される。

6.妖精たち

妖精はアイルランドの民話に登場する生き物の中で最もよく知られており、その存在はディズニー映画からビデオゲームまであらゆるものに登場している。

フェアリーはアイルランドの民間伝承の大部分を占めており、2つのカテゴリーに分けられる。

アンシーリーの妖精が暗い意図を持ち、厄介なことで知られているのに対し、シーリーの妖精は親切で幸せだ。

アイルランドの興味深い神話上の生き物

アイルランドの神話に登場する生き物を紹介するガイドの最終章は、ちょっと複雑な内容になっている。 ケルトの怖いモンスターから、もっと穏やかで不思議な存在まで、以下に紹介しよう。

アイルランドの民間伝承の多くの物語がそうであるように、これらの生き物の背後にある物語も、語る人によって異なる。

1.カイリーチ

カイリーチはアイルランドの神話に登場する生き物のひとつで、物語を語る人によってさまざまな姿を見せる。

アイルランドの古い民間伝承では、カイリーチは地球の創造を司るババアと言われている。 スコットランドの民間伝承では、彼女は天候を左右する絶大な能力を持つ者と言われている。

しばしば冬の女王と呼ばれるカイリーチは、ケルト神話に登場する偉大な生き物のひとり。 天候と風を司り、多くのアイルランドの詩人に愛された。

2.マッキー

マッキーは、アイルランドのキラーニー湖に生息すると言われるアイルランドの神秘的な神話上の生き物で、スコットランドのネス湖の怪物と比較される。

興味深いことに、2003年に科学者たちは湖の魚の個体数を把握するため、ソナー技術を使って何度もスキャンを行った。

しかし、不気味なことに、ソナーは大きな固まりに遭遇し、この湖にはケルト神話に登場する生物が生息しているのではないかという憶測を呼んだ。

3.グラス・ガイブネン

アイルランドの神話に登場する生き物の話を子供たちに聞かせたいなら、この話はうってつけだ!

アイルランドの古い民話では、グラス・ガイブネンは緑の斑点を持つ魔法の牛で、持ち主のためにミルクを無限に生産することができた。

食料が不足していた時代に、なぜこのアイルランド神話の生き物の話が根強い人気だったのか、不思議でならない。

4.フェイリニ

大胆不敵なフェイリニスは、ケルト神話に登場する、最も獰猛な戦士と互角に渡り合うことができる動物のひとつである。

フェイリニスは数々の戦場で活躍した犬で、どんな野獣とも渡り合える無敵の存在だった。

5.ガンカナグ

ガンカナーもまた奇妙な存在で、犠牲者の末路のおかげで、間違いなく「ケルトの怪物」のカテゴリーに入る。

ガンカナは、強力で魅惑的な香りを放つ中毒性のある毒素で男女を誘惑することで知られていた。

しかし、彼の魅惑的な魅力にとりつかれた者たちは、ほどなくしてこの世を去った。

6.ドン・クエイルンゲ

アイルランドの神話に登場する最も獰猛で最も大きな雄牛、ドン・クーアイルンゲは、かつてクーリー半島の広大な森を歩き回っていた。

アイルランド民俗学で最も有名な戦いのひとつであるクーリーの牛追いのガイドをお読みになった方なら、この人物をご存じかもしれない。

7.ボダック

外見はブギーマンに似ているが、伝説によれば、ボダックはまったく無害なケルト神話の生き物のひとつである。

ボダックはケルトの生き物で、子供にいたずらをするという説話もあれば、スコットランドの民間伝承では、大胆な子供を捕まえるために使われたという説話もある(子供を怖がらせて行儀よくさせるために使われる話)。

8.リーナン・シード

長年にわたり、リーナン・シデにまつわるさまざまな物語を聞いてきたが、最も多く登場するのは、妖精リーナン・シデを美しい女性と表現したものだ。

リーナン・シデは人間との関係を築くことで知られていたが、リーナン・シデと恋に落ちて間もなく、その恋人たちはこの世を去ってしまった。

この物語で興味深いのは、リーナン・シデの恋人たちは "霊感 "に満ちた人生を送ったと言われていることだ。 ティル・ナ・ノーグの物語にちょっと似ているかな?

アイルランドの民間伝承の生き物とケルトの怪物についてのFAQ

アイルランドの民話や神話のガイドを数多く出版して以来、アイルランドの民話に登場する生き物について、数え切れないほどのメールをいただきました。 以下に、これまでにいただいたFAQを掲載しました。 ケルトの民話に登場する生き物について、私たちがお答えしていない質問がありましたら、コメント欄でお尋ねください。

ケルト神話に登場する最も恐ろしい生き物とは?

アブハルタッハ」、「邪眼のバロール」、「バンシー」、「ディアグ・デュー」。

アイルランドのケルトの怪物といえば?

ボダック』、『オッソリーの人狼』、『スルーア』、『バーナハ』。

ケルト神話に登場する生き物で、就寝前のお話にふさわしいものは?

プーカ」、「レプラコーン」、「妖精の女王」、「グラス・ガイブネン」。

関連項目: ハーランド・アンド・ウルフの鶴にまつわる物語(サムソンとゴリアテ)

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。