キラーニーのマクロス・ハウス・アンド・ガーデンズ:見どころ、駐車場(+周辺の観光スポット)

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

印象的なマクロス・ハウス&ガーデンを訪れるのは、キラーニーで最も人気のある楽しみ方のひとつだ。

マクロス・ハウスは、アイルランド最古の国立公園であるキラーニー国立公園の中心的存在である。

この魅惑的な19世紀のビクトリア様式の邸宅は、マクロス湖とリーン湖という魅惑的な2つの湖に挟まれた小さなマクロス半島にある。

以下のガイドでは、キラーニーのマクロス・ハウス・アンド・ガーデンズを訪れる際に必要な情報をご紹介します。

キラーニーのマクロス・ハウス&ガーデンを訪れる前に知っておきたいこと

写真:Oliver Heinrichs on Shutterstock

キラーニーのマクロス・ハウスへの訪問はいたって簡単だが、訪問をスムーズにするために知っておくべきことがいくつかある。

特に3.の移動手段には注意してほしい。

1.ロケーション

キラーニー国立公園内にあるマクロス・ハウス・アンド・ガーデンズは、キラーニーの町から4kmほど離れたところにあり、この地域で最も人気のあるアトラクションの数々からも目と鼻の先です。

2.駐車場

マクロス・ハウス・アンド・ガーデンズのすぐ隣に駐車場があり、そこからハウスとマクロス修道院(近くに公衆トイレあり)まで歩いて行ける。

3.最高の観賞方法

個人的には、マクロス・ハウスや国立公園全体を観光するのに最適な方法は自転車だと思う。 町で自転車を借りれば、公園内のさまざまな場所を簡単に回ることができる(サイクリング・レーンがある)。

マクロス・ハウスの歴史(簡単な概要)

Photo by Frank Luerweg on Shutterstock

マクロスの地所の歴史は古く、17世紀にウェールズの富豪ヘンリー・アーサー・ハーバートがキラーニーに移住してきた。

ハーバートはキラーニーに印象的なマクロス・ハウスを建設し、彼の家族のための家として1843年に完成させた。

1861年に一族によって大規模な造園が行われ、ビクトリア女王が訪問する直前にマクロス・ガーデンが造られた。

その後、お金の問題が出てきた。

19世紀後半になると、ハーバート家は200年にわたる支配に終止符を打つことになり、1899年、13,000エーカーの地所全体がギネス家の一員であったアーディラウン卿に売却された。

その後、1911年にカリフォルニアのウィリアム・ボウズ・ボーン氏に売却し、結婚した娘のモードが相続した。

モードの治世と国立公園

モードは1929年に亡くなるまで、この地所の開発を続け、1932年に地所はアイルランド国に寄贈された。

1964年、マクロス・エステートはアイルランド初の国立公園となり、現在ではキラーニー国立公園として知られている。

マクロス・ハウス・ツアー

写真左:Manuel Capellari 写真右:Davaiphotography(Shutterstock)

マクロス・ハウス・ツアーは何年にもわたってネット上で絶賛されており、エリザベス朝様式の邸宅は1時間のガイド付きツアーで簡単に見学できる。

ツアーでは、子供用の棟、使用人のダイニングルーム、男性用のドレッシングルーム、ビリヤードルームなど、全部で14の美しい部屋を見学することができる。

キラーニーのマクロス・ハウスの主要な客室は、19世紀のアイルランドの地主階級の優雅な時代様式を再現している。

興味深い工芸品の数々が展示されており、当時のマクロス・ハウスでの労働生活を力強く物語っている。

営業時間

マクロス・ハウス・アンド・ガーデンズの開館時間は、月曜日から日曜日の09:00~17:00ですが、事前にご確認ください。

入場料(料金は変更になる場合があります)

  • 大人9.25ユーロ
  • 団体、シニア、学生(18歳以上) 7.75ユーロ
  • 小人(3~12歳) 無料
  • 小人(13~18歳)6.25ユーロ
  • ファミリー (2+2) €29.00
  • ファミリー (2+3) €33.00

マクロス・ハウス&ガーデンのその他の見どころ

Photo via Muckross House, Gardens & Traditional Farms on Facebook

マクロス・ハウス・アンド・ガーデンズには、カフェでの美味しい食事や素晴らしい庭園など、他にも見どころがたくさんある。

関連項目: 今夜観る価値のあるNetflixアイルランド映画ベスト22(アイルランド映画、旧作+新作)

1.マクロス・ガーデンズ

写真提供: Jan Miko on Shutterstock

マクロス・ガーデンには、ツツジやシャクナゲなど、多くのエキゾチックな樹木や低木が植えられている。

自然の石灰岩で造られたロック・ガーデン、広大なウォーター・ガーデン、装飾が施されたサンクン・ガーデンなど、多くの庭園を散策するのが、晴れた日の最高の過ごし方だ。

樹木園には南半球原産の樹木のコレクションが多数あり、ビクトリア城壁庭園に面したウォールド・ガーデン・センターもある。

ガーデン・センターでは、季節の花壇苗を豊富に取り揃えているので、自宅に持ち帰ることができる!

2.伝統的な農場

Photo via Muckross House, Gardens & Traditional Farms on Facebook

マクロス・ハウス・アンド・ガーデンズの伝統的な農場では、1930年代から1940年代の農家の日常生活を体験することができる。

当時、田舎には電気が導入されていなかったので、毎日の家事にはバターを挽いたり、パンを焼いたりと、多くの作業が含まれていた。

特に興味深いのは、農民の活動が季節や天候に左右されることが多かったことだ。

敷地内には、大工の作業場、鍛冶屋、労働者のコテージ、校舎などもあり、見どころは多い。

3.織り手

Photo by EcoPrint on Shutterstock

ムクロス・ウィーバーズは、熟練した織物職人ジョン・ケーヒルの協力を得て、30年以上にわたって高品質の織物アクセサリーを生産している。

ウール、アルパカ、モヘアなど、さまざまな素材から作られる。

これらの素晴らしい製品を買うことができるだけでなく、工芸工房で複雑な紡績や織りを通して製品が作られる様子を見ることもできる。

当初は比較的小規模だったムクロ・ウィーバーズだが、現在では巨大に成長し、世界中の100以上の店舗に製品を供給している。

4.レストランとカフェ

Photo via Muckross House, Gardens & Traditional Farms on Facebook

マクロス・ハウス・アンド・ガーデンズのレストランは、トーク山やマンガートン山の美しい山並みを背景に、ごちそうにぴったりの視覚的な饗宴を演出してくれる。

セルフサービスのレストランでは、8種類から10種類のホットフード・ビュッフェから選ぶことができるが、スープ、ペストリー、自家製スコーンなど、軽食やブランチを楽しみたい人にも対応している。

また、キラーニーの町に立ち寄りたいなら、他にもたくさんの食事処がある(キラーニーには素晴らしいパブもたくさんある!)。

キラーニーのマクロス・ハウス周辺の観光スポット

写真左:ルイス・サントス 写真右:gabriel12(Shutterstock)

キラーニーのマクロス・ハウスの魅力のひとつは、人工的なものから自然なものまで、キラーニーにあるさまざまな見どころから、ちょっと足を伸ばせばすぐに行けることだ。

以下に、マクロス・ハウス・アンド・ガーデンズから目と鼻の先にある見どころやアクティビティをご紹介します(さらに、お食事処や冒険の後に一杯やる場所も!)。

1.マクロス修道院

Photo by gabriel12 on Shutterstock

キラーニー国立公園内に位置するマクロス修道院は、1448年にフランシスコ修道院として設立されたが、その歴史は激しく、何度も損傷と再建を繰り返した。

そこに住んでいた修道士たちは、しばしば略奪集団の襲撃を受け、クロムウェル朝軍の迫害も受けた。

修道院はほとんど屋根がないものの、かなりよく保存されており、巨大なイチイの木や中庭などを見ることができる。

2.ロス城

写真:Hugh O'Connor on Shutterstock

15世紀に建てられたロス城はリーン湖のほとりにあり、かつてはオドノヒュー一族の先祖代々の邸宅だった。

この城は保存状態がよく、アイルランドの精神の回復力を象徴していると言える。 また、探検するには興味深い部屋が数多くあり、それぞれにユニークな物語や伝説がある。

3.トークの滝

写真左:ルイス・サントス 写真右:gabriel12(Shutterstock)

高さ20メートル、長さ110メートルのトークの滝は、オーエンガリフ川がデビルズ・パンチボール湖から流れ出るときにできたものだ。

近くの散歩道には、きついカーディアック・ヒルや素晴らしいトルク・マウンテン・ウォークがある(両方からの眺めは最高!)。

4.ダンローの谷

写真:Stefano_Valeri(Shutterstock)

関連項目: クレアのベストホテルガイド:クレアの15の宿泊施設

この狭い峠は、パープル・マウンテンとマクギリーカディ・リーフの間に位置する。 ギャップ全体を歩くには2時間半ほどかかるが、サイクリングを楽しむ観光客も多い。

ケイト・カーニーのコテージから始まるダンローの谷間は、狭いところもあるので、歩いたり車で通ったりする場合は注意が必要だ。 願い事をすると叶うというウィッシング・ブリッジもお見逃しなく!

5.訪れるべき場所はまだまだたくさんある

シャッターストック経由の写真

マクロス・ハウスはリング・オブ・ケリー(ケリーの環)沿いにあるため、近郊の見どころは尽きない。 いくつかお勧めをご紹介しよう:

  • トルクの滝
  • レディースビュー
  • モールズ・ギャップ
  • キラーニー国立公園散策
  • キラーニー近郊のビーチ
  • 黒い谷

キラーニーのマクロス・ハウス・アンド・ガーデンズ訪問に関するよくある質問

マクロス・ハウス・アンド・ガーデンズのツアーから近郊の見どころまで、何年にもわたってたくさんのご質問をいただいてきました。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

マクロス・ハウス・アンド・ガーデンズは訪れる価値があるのか?

歴史や建築に興味があるなら、100%そうだ。 そうでないなら、たぶん違う! 疑っているなら、ネット上のマクロス・ハウス&ガーデンズのレビューがそれを物語っている!

マクロス・ハウス&ガーデンズの見どころは?

ツアーで邸宅そのものを見学し、手入れの行き届いた庭園を散策し、古い農場を訪れ、織物職人をチェックし、レストランでの食事で観光を締めくくることができる。

マクロス・ハウス・アンド・ガーデンズの近くには見所がたくさんありますか?

そうです!マクロス・ハウス&ガーデンズの近くには見どころがたくさんあります。 マクロス修道院、キラーニー湖、ロス城、トークの滝などを訪れることができます。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。