この夏、サルティルでやるべき17のこと(実際にやる価値がある!)。

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

I ゴールウェイのサルティルでする価値のあることを探しているなら、あなたは正しい場所に到着した。

サルティルはゴールウェイの海岸沿いに位置する活気ある町で、ゴールウェイ・シティの目と鼻の先にある。 一応 便利 アッシュ コネマラ国立公園から車で。

素晴らしいレストランやパブ、宿泊施設が数多くあり、この町を拠点に観光するには最適だ。 幾つも ゴールウェイの見所

以下のガイドでは、海水浴や伝統的なパブ、散歩、ドライブなど、サルティルでのベストな楽しみ方をご紹介します。

手軽なサルティルの楽しみ方

写真:mark_gusev(Shutterstock)

このガイドの最初のセクションでは、ゴールウェイのサルティルでの楽しみ方を紹介する。 アッシュ (リストの最初の活動は別として!)。

蒸留所ツアーや海岸ウォーキングから、美味しいスイーツやビーチまで、以下のセクションに期待しよう。

このエリアに滞在するのであれば、SalthillのホテルとSalthillのアパートメントガイドで素晴らしい場所を見つけることができます。

1.一日の始まりは豪快に-ブラックロック・ダイビングタワーから海に飛び込もう

写真はフェイスブックのブラックロック・ダイビング・タワーより

信じられないかもしれないが、ブラックロックで女性が泳げるようになったのは1970年代からで、その理由は招かれざる客が現れたからだ。

タワーから海に飛び込むのは、今やサルティルで最も人気のある楽しみ方のひとつだ。

ブラックロック・タワーは1942年以来、プロムナードの端に設置されており、ほとんどの観光客はそこからダイブすることを望んでいる。

天気が悪いと泳ぐのは危険なので、常識の範囲内で泳いでください。

2.つま先を濡らさず、サルティル・ビーチを散策するのもいい。

写真:mark_gusev(Shutterstock)

関連項目: ゴールウェイ・シティのベスト・ランチ:試してみたい12の美味しいスポット

サルティル・ビーチは岩場で区切られた小さなビーチの集まりなので、岩のプールを見るためによじ登るなら、ビーチサンダル以上のものを履きたい。

砂浜と小石のビーチがあり、7月と8月、そして6月の週末には終日ライフガードが常駐している。 嬉しいことに、リードをつけ、後始末をする限り、犬を連れてくることができる。

ブラックロック・タワーに向かって進むと、レディース・ビーチに到着する。

サルティル・ビーチがゴールウェイで最も人気のあるビーチのひとつであるのには理由がある。 この砂浜を散歩する価値は十分にある。

3.グルメ・タルト・カンパニーのおいしいタルトで温まろう

写真はグルメ・タルト・カンパニーのFacebookより

グルメ・タルト・カンパニーは昨年(2021年)20周年を迎えたが、その間ずっとゴールウェイの観光客や市民のウエストラインを拡大し続けてきた。

すべてが美味しく、いつ止めればいいのかわからなくなる。

ピンクのラベルが貼られたものはすべて自社ベーカリーで作られたもので、オーナーのように環境に気を配っている人なら、カップ、カトラリー、ナプキンなどがすべてコンポスト可能なのも嬉しいだろう。

ゴールウェイで最高のブランチを試してみたい人は、ここを予約して食欲を持参しよう!

4.コーヒーをテイクアウトして、サルティル・プロム沿いを散歩する。

グーグル・マップ経由の写真

次に紹介するのは、サルティルでの私たちのお気に入りの楽しみ方のひとつ、サルティル・プロム沿いの散策だ! 3km以上続くサルティルのプロムは、アイルランドで最も長い。

雨の日も、雹の日も、晴れの日も、朝早くから夜遅くまで、ウォーキングやランニング、サイクリングをしている人たちを見かける。

様々なショップやカフェがあり、水族館や見本市会場もある。 健康的な雰囲気が漂い、歩いていると(私はランナー膝ではありません!)あちこちで笑顔を見ることができる。 風が強いので、重ね着をお忘れなく!

5.サルティルからゴールウェイ市内への長い散歩もいい。

写真:NujMan(Shutterstock)

サルティルからゴールウェイ・シティ(またはその逆)に向かうトレイルは、ゴールウェイで最も人気のあるウォーキングコースのひとつで、地元の人々にも観光客にも愛されている!

新鮮な大西洋の空気を肺に吸い込み、サルティルからゴールウェイ市内に向かう海岸沿いの道を歩きながら、前夜のうっぷんを晴らそう。

わずか1.5kmだが、ロングウォークやゴールウェイ市街地の景色をゆっくり眺めたり、クラダリングで有名になったクラダ教会やケイティのクラダコテージに立ち寄ったりしたい。

ウルフ・トーン橋を渡り、シティのスペイン・アーチにたどり着くと、歴史の重みを感じずにはいられない。 天気のいい日は素敵な散歩道だが、天気が悪い日は爽快だ。

6.ミシル蒸留所ツアーで伝統的なポワチンを試す

写真はミシル・ディスティラリー・ツアーより

"鍋と古いブリキ缶を集めろ" "マッシュとコーンと大麦とふすまもだ" "そして税務署から悪魔のように逃げろ" "煙が上がらないようにな、バーニー"

クランシー・ブラザーズ&トミー・メイケンによる、当時のアイルランドの違法な蒸留所取引についての歌。

現在、ミシルのポワチンは、ゴールウェイで100年以上にわたって初めて合法的に開設された蒸留所であるミシル蒸留所(アイルランドで最も新しいウイスキー蒸留所のひとつ)にある。

2018年からミシルは、ポワチンとジンの世界をユニークに洞察できる蒸溜所ツアー体験を提供している。

子供とサルティルの楽しみ方

写真 via salthill.com

ガイドの2番目のセクションは、子供と一緒にサルティルですることが満載で、屋内と屋外のアトラクションをミックスしています。

海の生き物や遊園地、ウォーター・アクティビティなど、さまざまな情報が満載だ。 さあ、飛び込んでみよう!

1.ゴールウェイ・アトランタカリアへの冒険に連れて行く

写真はゴールウェイ・アトランタ

まずは、見かけによらず大きなGalway Atlantaquariaから始めるのがいいだろう。 すべての水槽は、飼育する魚のために特別に調整されており、波を再現するために水しぶきを上げるスペースも十分にある。

ガイドは知識が豊富で、アイルランドの海洋生態系や汚染がどのように影響するかなど、たくさんの情報を教えてくれる。

この記事を書いている時点で、Googleの2,776件のレビューで4.2/5という素晴らしい評価を得ている。

2.レジャーランドで水しぶきを浴びるのもいい

写真:レジャーランド

ビーチの向かいに位置するレジャーランドは、子供たちを数時間、あるいは数日間退屈させないのに理想的な場所だ。

25mのスイミングプールや、65mのウォータースライダーやインフレータブル障害物コースがあるレジャープールがあり、子供たちは何時間でも遊んでいられるだろう。

ジムの営業時間も長く、入会金もかからない。

3.雨の日はアミューズメントで退屈させない。

写真 via salthill.com

関連項目: アイルランドのダブリンにある12の城は探検する価値がある

アイルランドの海辺の村といえば、ザ・アミューズメンツなしには語れないが、サルティルも例外ではない。 プロム沿いにあり、一歩足を踏み入れると、たちまち子供時代にタイムスリップしてしまう。

油の匂いを吸い込み、スロットマシンが作り出す不協和音に耳を塞がれ、そして静寂に包まれた後、コインの転がり落ちる音がプレーヤーを歓喜させる瞬間が訪れる。

確かに、アミューズメントとはそういうものだろう。 ここには屋内と屋外の両方のアミューズメントがあり、雨の日にサルティルですることを探している人にはぴったりだろう。

サルティルの夜の楽しみ方

写真はオスロ・バーのFacebookより

サルティルには素晴らしいレストランが無限にある。 いくつか サルティルでの夜の楽しみといえば、飲食だ。

以下では、上質な食事を楽しみながらくつろげる店から、生演奏を聴きながらパイント(または何でも!)を楽しめる店まで、あらゆる場所を紹介する。

1.オライリーズで食事と生演奏を楽しむ

写真はオライリーズのFacebookより

冬の土曜日の午後、リラックスしたジャズ・ミュージックとともにおいしい料理を味わう。

オライリーズはそんな風に素敵な店だ。店員はフレンドリーで、あなたのために十分なことをしてくれるし、メニューの種類も豊富だ。

アイルランドの休暇村では、土曜の夜のミュージック・パブは最高に楽しい。

2.オスロのゴールウェイ湾でゴールウェイ・ベイ・ビールを試す

写真はオスロのフェイスブックより

オスロ・バー&レストランは、ゴールウェイ・ベイの地ビール醸造所の本拠地である。 店内で醸造されるゴールウェイ・ベイ・エールとストーミー・ポーターをぜひ試してほしい。

何を注文していいかわからないときは、スタッフに尋ねると、とても親切に教えてくれる。

まだゴールウェイ・ベイで生産されたビールを試したことがない方は、アイルランド・ビールのベストガイドをご覧いただきたい。

3.探検の一日の締めくくりは、この土地で最高のパブのひとつ(O' Connors)で。

写真:O' コナーズ

トリップアドバイザーのトラベラーズチョイス賞を受賞したこのパブは、同サイトに掲載されている全施設の上位10%に入る。

肌寒い夜にウイスキーやパイント、コーヒーを飲みに立ち寄って、その雰囲気や内装を味わってみてはいかがだろう。

ありとあらゆる表面からぶら下がっているものが何なのか、細部にまで気を配ろうとすると、簡単に見失ってしまうだろう。

このパブは1800年代後半に建てられたもので、当時の面影を残している。

サルティル近郊の見所

写真:Kevin George on Shutterstock

サルティルを訪れる魅力のひとつは、ゴールウェイの見どころの数々から手軽な距離で行けることだ。

以下に、サルティル近郊で楽しめるアクティビティを紹介する。

1.ゴールウェイ市内散策

写真=Rihardzz/shutterstock.com

アイルランド全土で "部族の街 "として知られるゴールウェイは、観光客にとっても地元の人々にとっても格好の遊び場だ。 ナイトライフから豊かな歴史まで、訪れるべき場所の筆頭に挙げられるに違いない。

この都市はその活気で伝説的であり、年間を通して数多くのフェスティバルやイベントが開催されている。

社交カレンダーで最も重要な日程はゴールウェイ競馬と芸術祭で、近郊だけでなく遠方からも観光客が訪れる。 ゴールウェイは一年中楽しめる観光地である。

2.コネマラ国立公園へ出かけよう

写真 © The Irish Road Trip

20,000ヘクタールに及ぶ冒険的な地形が広がるコネマラ国立公園には、誰もが楽しめる場所がたくさんある。

子供と一緒に歩ける30分のものから、ダイヤモンド・ヒルの頂上まで行く3時間のものまで、3つのウォーキング・ループがある。

景色は息をのむほど美しく、馬と友達になることもできるし、トレイルの終点にはコーヒーショップがあり、ほっと一息つくこともできる。 ゴールウェイを訪れる際には見逃せない。

3.ダングレア城訪問

写真:Patryk Kosmider/shutterstock.com

ダングレア城は1520年にオハインズ一族によって建てられ、何世紀にもわたって多くの有名な文学者たちを迎えてきた(ゴールウェイ市近郊で最高の城のひとつでもある)。

もちろん、アイルランドの城につきものの戦いや包囲、その他さまざまな悪行もあったし、それらは城の博物館で知ることができる。

エンターテインメントと教育が同程度に盛り込まれた4コースの中世の宴は観光客に好評で、スタッフが自分たちの仕事を愛していることは明らかだ。

宴会に参加しない場合は、散歩がてら素晴らしい景色を楽しみ、アイルランドで最も写真に撮られている(と思われる)城を写真に収めよう。

4.フェリーでアラン諸島へ

写真提供:Chris Hill(アイルランド政府観光局

ゴールウェイ・シティから西へ1時間ほど走ると、ロサベール(Rossaveel)に着く。ここからアラン諸島行きの旅客フェリーに乗れる。

島々(イニス・モール、イニス・オワール、イニス・メアイン)には、畏敬の念を抱かせる風景、宗教的遺跡、石造りの砦がある。

伝統的なアイルランドの文化、音楽、工芸品、海を渡るカラック、そして温かく迎えてくれる地元の人々でいっぱいのアラン諸島を訪れずしてアイルランド旅行は終われない。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。