コークのエリザベス砦訪問ガイド

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

エリザベス・フォートへの訪問は、コークでの私のお気に入りの楽しみのひとつだ。

もしあなたがアイルランドの歴史が好きで、1時間ほど昔にタイムスリップしてみたいなら、強大なエリザベートの砦を訪れる価値は十分にある。

エリザベス1世にちなんで命名され、1601年に建てられたこの砦は、コークの激動の過去について知ることができ、家族連れに絶好の一日となる。

以下のガイドでは、エリザベート要塞の歴史から内部での楽しみ方まで、あらゆる情報をご覧いただけます。

エリザベス・フォートについての簡単な知識

写真:エリザベス・フォート

コーク・シティのエリザベス・フォートへの訪問はいたって簡単だが、訪問をより楽しくするために知っておくべきことがいくつかある。

1.ロケーション

エリザベス・フォートはコークのバラック・ストリートのすぐそばにある。 さて、もしあなたがこう考えているなら、 待って-キンセールにあるんじゃなかったの? それなら、チャールズ・フォートと混同していることになる!

2.営業時間

10月から4月までは、火曜日から土曜日の午前10時から午後5時まで、日曜日の午後12時から午後5時まで。 5月から9月までは、月曜日から土曜日の午前10時から午後5時まで、日曜日の午後12時から午後5時まで(時間は変更される場合がある)。

3.入場料/料金

砦への一般入場は無料だが、砦が開いている毎日午後1時からガイドツアーが行われている。 料金は1人3ユーロだが、12歳未満は無料(料金は変更される可能性がある)。

関連項目: ブレイ・ヘッド・ウォーク:手軽な登山と絶景ガイド

エリザベス・フォートの歴史

コークのエリザベス・フォートの歴史は何世紀にもわたるが、ここで起こった数々の出来事を2、3段落で正当に評価することはできない。

エリザベス・フォートの以下の歴史は、砦の背後にある物語を味わっていただくためのものです。

関連項目: アイルランドが提供する最高のキャンプ場:素晴らしい眺めのキャンプ場9選

初期の頃

エリザベス要塞は1601年、中世の城壁の外、南の丘に初めて建設された。

その位置が選ばれたのは、それまでコークの人々はシャンドン城と城壁に防衛を頼っていたが、中世に大砲が発達するにつれて、それでは立ち行かなくなったからである。

ジョージ・カリュー卿によって建設されたこの砦は、木材と土で造られていた。 1603年、コーク市民は、この砦がイギリス王室によって利用されることを心配し、この砦を取り壊した。 マウントジョイ卿は、その後すぐにこの砦を取り戻し、再建を命じた。

コーク包囲戦

この攻防戦は、ジェームズ2世が義理の息子であるウィリアム3世からイギリス王位を奪還しようとした、アイルランドにおけるウィリアム戦争中の1690年に起こった。

ジェームズは1688年に打倒されたが、アイルランドには多くの忠実な支持者が残っていた。 ウィリアム王に代わって第1代マールバラ公ジョン・チャーチルが同年9月にコークに到着し、エリザベス・フォートなどを占領した。

街が降伏すると、ウィリアム軍は街を略奪し、広範囲に損害を与え、市民を殺害した。

晩年

19世紀初頭、この砦はオーストラリアへ向かう囚人船への移送を待つ囚人の収容所として使われた。

1840年代に大飢饉が起こったとき、この砦は食糧備蓄基地として使われ、毎日2万人もの人々に食糧を供給していた。

アイルランド独立戦争中、この砦はアイルランド共和国軍と戦うイギリス軍によって使用された。

アイルランド内戦では反条約軍がこの砦を占拠し、反条約軍が撤退する際に砦内の建物は焼き払われた。 1929年、砦内に新しいガーダ署が建設され、2013年までこの砦として使用された。

エリザベス・フォート・ツアー

シャッターストック経由の写真

エリザベス・フォート・ツアーはネット上で絶賛されており、参加する価値は十分にある(コーク・シティのベスト観光ガイドで絶賛しているのをご存じだろう)。

ツアーは1人3ユーロで、毎日午後1時から行われる(料金や時間は変更される可能性がある)。情報通のスタッフが砦を案内し、長年にわたるさまざまな用途やコーク市の歴史について説明してくれる。

この砦がジャコバイト戦争、イングランドとアイルランドの内戦などで果たした役割についての洞察が得られる。 また、街の素晴らしい眺めも体験できる。

エリザベス・フォート周辺の見どころ

エリザベス・フォートの魅力のひとつは、他のアトラクションからちょっと足を伸ばせばすぐ行けることだ。 コーク・シティの近くにはビーチがたくさんあるし、コークにはたくさんの散歩コースがある。

以下に、エリザベス・フォートのすぐ近くにある見どころやアクティビティ(さらに、食事処や冒険後の一杯を飲める場所も!)をご紹介しよう。

1.英国市場

写真はフェイスブックのイングリッシュ・マーケットより

イングリッシュ・マーケットが英国風なのは、その立地からしてどうなのかと思うかもしれないが、このマーケットがいわゆる英国風なのは、アイルランドが大英帝国の一部だった18世紀後半に生まれたからである。

19世紀、この市場はコーク経済の重要な役割を担っており、地元の商人たちが仕入れたものを売るために遠くから集まってきた。 現在では、肉屋、魚屋、デリ、パン屋など、豊かで多様な飲食店が軒を連ねている。

2.ブラックロック城

Photo by mikemike10 (shutterstock)

ブラックロック城天文台は現在、専門的な天文台として、また天文学を通じて科学技術を促進する博物館として機能している。

常設展示「探検の旅」では、16世紀後半の城の起源から、軍事、市民、私的利用を経て、現在の天文台に至るまでの軌跡をたどることができる。 現在の城カフェは、新鮮で地元産のおいしい料理で知られている。

3.バター博物館

写真提供:バター博物館

バター・ミュージアムの展示品が物語るように、アイルランドでは何千年どころか何百年もの間、バターが人々にとって重要な食材であった。 ここでは、バターがアイルランド経済で果たした(果たしている)役割の魅力的な記録を見ることができる。

4.サン・フィン・バール大聖堂

Photo by ariadna de raadt (Shutterstock)

コークの守護聖人であるフィン・バール大聖堂は、建築の素晴らしさが際立つドラマチックな建物だ。 19世紀に建てられたこの大聖堂は、2020年に150歳の誕生日を迎えた。

建築家であり建設者でもあるウィリアム・バージェスは、他の大聖堂や建物の設計コンペに応募して落選した作品を再利用した。 彼らの損失はコークの利益となった!

5.パブとレストラン

写真左はCoughlan's経由、写真右はFacebookのCrane Lane経由

コークには素晴らしいパブが山ほどあり、夜を過ごすのに最適なレストランはさらにたくさんある。

早めの食事をお探しなら、コークで最高の朝食と最高のブランチのガイドにお立ち寄りください。

6.コーク刑務所

シャッターストック経由の写真

19世紀の司法は苛酷で、一斤のパンを盗んだというような貧困の罪で投獄されることがあまりにも多かった。 19世紀後半にこの地域の女性の「悪人」の投獄に使われ、その後ラジオ放送の建物として使われたコーク市刑務所(Cork City Gaol)で、コークの歴史の一端を探ってみよう。

エリザベス・フォートに関するFAQ

コークのエリザベス・フォートは行く価値があるのか、近辺の見どころはどこなのか、などなど、長年にわたってたくさんのご質問をいただいてきました。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

エリザベス・フォートには何がありますか?

コークのエリザベス・フォートに多くの人が魅了されるのは、ツアーもさることながら、頂上からの眺めがパンチが効いているからだ! 歴史を訪ね、コーク・シティの素晴らしい眺めを堪能しよう。

エリザベス・フォートは訪れる価値があるのか?

そうだね。エリザベス・フォートはコーク旅行中に訪れる価値があるよ。 歴史がぎっしり詰まっていて、見て回るのにそんなに時間は必要ないだろう。

エリザベス・フォートの近くには何がありますか?

エリザベス・フォートの近くには、城や大聖堂のような古代遺跡から豪華な川沿いの散歩道まで、見どころがたくさんある。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。