クリフデン近郊のベストビーチ11選

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

ビーチはないが クリフデンにはビーチがたくさんある。 近く クリフデン

アイルランド屈指の海岸美を誇るコネマラ州の州都として知られるクリフデンは、活気あふれる町だ。

クリフデン城とスカイロードが注目されがちだが、クリフデン近郊には息を呑むようなビーチがいくつもある(多くはちょっと足を伸ばせば行ける距離)。

クリフデンに最も近いビーチ(25分以内)

写真提供:Shutterstock

クリフデンのビーチガイドの最初のセクションでは、10分から25分の距離にある砂浜を紹介する。

以下では、コーラル・ストランドやオメイから、クリフデン近郊の見逃しがちなビーチまで、あらゆるビーチを紹介する。

1.コーラル・ストランド(車で10分)

写真提供:Shutterstock

クリフデンから少し車を走らせ、信じられないほど風光明媚な道を行くと、コネマラで最も素晴らしいビーチのひとつがある。

荒々しくワイルドでゴージャスなコーラル・ストランドは、バリーコンネリー村から目と鼻の先だ。

関連項目: 2023年、ドニゴールのベストホテル15(スパ、5つ星+ビーチホテル)

小さいながらも壮大なビーチはマンニン・ベイ・ブルーウェイの一部で、シュノーケリングやカヤックには国内有数のスポットだ。

また、この地域に点在するさまざまな岩のプールでは、多種多様な海洋生物を垣間見ることができる。

遠くから見ると、気品のある白い砂浜は他の砂浜と同じように見えるが、近づいてみると、実は石灰化した海藻や軟体動物、フジツボ、海綿の骨格が砕けてできていることがわかる。

2.ファウンテンヒル・パブリック・ビーチ(車で15分)

写真提供:Shutterstock

クリフデン近郊のビーチの中で、車で行くのが最も難しいビーチのひとつであるこのビーチは、まさに隠れた名所だ。

クリフデン・ビーチ・エコ・キャンプ場から道を登っていくと、まるで東南アジアのような建物が見えてくる。

このスポットの厄介なところは、駐車場がまったくないことだ。

しかし、このビーチの利点は静かであることだ。

3.オメイ・ストランド(車で15分)

シャッターストック経由の写真

この美しい砂浜は、潮が引くとどこまでも続くように見える。 実際、オメー島まで続いており、潮が十分に引けば、歩いて、あるいは車で島まで行くことができる。

潮の満ち引きが驚くほど早いので、島で足止めを食らわないように、潮の満ち引きの時間は必ずチェックしておこう!

オメイ・ストランドはカイトサーフィンに最適な場所で、砂浜が長く続くため乗馬にも人気のエリアだ。

周囲はなだらかな丘陵地帯とムーディーな山々に囲まれ、鮮やかな青い海には漁船が行き交う。 小さな駐車場はあるが、ビーチ自体に他の施設はない。

4.エアーフォート・ビーチ(車で15分)

グーグル・マップ経由の写真

クリフデン(Clifden)から車ですぐ、半島の西端にあるエアフォート・ビーチ(Eyrephort Beach)は、大海原まで見渡せる素晴らしい景色が魅力だ。

イニシュタークを筆頭に、沖合に浮かぶ島々が点在し、素晴らしい夕日やイルカやクジラなどの海洋生物を眺めるには、この上ない選択肢となる。

柔らかな白い砂浜とターコイズブルーの透き通った海が出会い、短いビーチは丸みを帯びた岩に囲まれている。

下っていく道は狭いが、ビーチの先端に適度な駐車場がある。 車で行く価値はあるし、クリフデン近郊の数あるビーチの中でも静かな部類に入る。

5.ダンローウィン・ビーチ(車で20分)

コネマラ屈指のサーフィン・スポットとして知られるこのゴージャスな砂浜は、少し奥まったところにあるため、普段はとても静かだ。

サーフスクールやレンタルショップは見当たらないが、知る人ぞ知るローカルに人気のスポットだ。 しかし、自分のボードとウェットスーツを持っているなら、チェックする価値は十分にある。

サーフィンに興味がなくても、ダンローウィン・ビーチの魅力はたくさんある。 大海原に広がる壮大な景色が自慢で、輝く夕日を眺める絶好のチャンスもある。

砂浜でのんびりしたり、パドルを漕いだり、砂のお城を作ったりするのに理想的で、人ごみを避けて一日中楽しめる。 小さな駐車場はあるが、それ以外の施設はない。

6.コネマラ・ベイ・ビーチ(車で20分)

写真提供:Shutterstock

ダンローウィン・ビーチの隣に位置するコネマラ・ベイ・ビーチは、クリフデン近郊で人気のあるビーチのひとつで、夏の暖かい日には賑わう。

ビーチの背後には美しい草原が広がり、色とりどりのワイルドフラワーが咲き乱れる。

海を見渡せば、岩に打ち寄せる波の光景を楽しむことができる。

潮が引くと、豊富な岩のプールが姿を現し、豊かな海洋生物の住処となる。

海や空を眺めるには絶好の場所で、イルカや海鳥、時にはハンドグライダーを目撃することもできる。

クリフデン近郊のその他のビーチ (25分以上かかる)

シャッターストック経由の写真

クリフデンのビーチガイドの第2章では、25分から30分の距離にある砂浜を紹介する。

以下では、ドッグズ・ベイやガーテンから、クリフデン近郊の最も人気のあるビーチまでを紹介する。

1.ドッグズベイ(車で25分)

シャッターストック経由の写真

輝くドッグズ・ベイを訪れれば、手つかずの白い砂浜、透明度の高い海、人里離れた入り江の静けさを満喫するのに、エキゾチックな場所を旅する必要はないと確信できるだろう。

湾は馬蹄形の海岸が1.6キロにわたって続き、素晴らしい景色と夕日を眺めながら、穏やかで保護された海を楽しむことができる。

真っ白な砂は普通の砂とは違い、岩を砕いたものではなく、貝殻を砕いたもので、ドッグズ・ベイの砂は独特の質感と外観を持つ。

湾は砂丘と草原からなる細い尾根に背を向け、本土から突き出たこの細い陸地のもう一方の端を形成する別の湾に達する。

2.グルティン・ビーチ(車で25分)

シャッターストック経由の写真

ラウンドストーンの "メイン "ビーチの2つ目は、ドッグズ・ベイがある砂嘴の反対側を形成する、素晴らしいガーティン・ベイだ。

ここは少し長めの馬蹄形ビーチで、同じように貝殻を砕いた砂が敷き詰められている。 海水浴やウィンドサーフィンにも人気がある。

周囲の景色は素晴らしく、海越しにイニシュラッケン島まで見渡せる。 早起きすれば、日の出を拝むのに絶好の場所だ。

駐車場が広く、近くにキャンプ場もあるため、ドッグズ・ベイよりやや混雑するが、どちらも同じ日に楽しむことができる。

3.レンバイル・ビーチ(車で25分)

シャッターストック経由の写真

コネマラ・ループを風光明媚にドライブしていくと、やがてゴージャスなレンヴァイル・ビーチに到着する。 比較的人里離れたこの湾は、山々、島々、打ち寄せる海といった素晴らしい景観を誇っている。

砂浜からはイニシュトゥルク島やクレア島が見え、ここから眺める夕日は、景色全体を黄金色に輝かせる。

このビーチでは、手つかずの白い砂浜と涼しげな青い海が楽しめ、四季折々に表情を変えるムーディーな山々がその背後を支えている。

冬の雪を頂いた頂上から夏の鮮やかな緑まで、この人里離れた湾の周囲の自然の美しさに夢中になるのは簡単だ。 ビーチの頂上に小さな駐車場があるが、それ以外の施設はあまりない。

4.レターゲシュ・ビーチ(車で30分)

シャッターストック経由の写真

山々を背景にしたレターゲッシュ・ビーチは、イーゼルを置いて周囲の美しい景色を写真に収めるのに最適な場所だ。

潮が引くと黄金色の砂浜が広がり、砂の城や日光浴を楽しむことができる。 一方、浅瀬の水は透明度が高く、パドリングに最適だ。

このゴージャスな入り江はごつごつした崖に囲まれており、勇敢な探検家は岩のプールを覗いたり、洞窟を発見したりして一日を楽しむことができる。

近くのタリー・クロス村には素晴らしいパブがあるので心配はいらない。

5.グラシラウン・ビーチ(車で30分)

シャッターストック経由の写真

クリフデンのビーチガイドの最後を飾るのはグラッシラウン・ビーチ。

ビーチの裏の畑では牛が草を食み、足元の海岸には荒々しい大西洋が打ち寄せる。

遠くには島々が点在し、太陽が海に沈むと、色と影の見事なディスプレイが現れる。

関連項目: ループヘッド灯台を大西洋の野生バケットリストに入れるべき理由

馬蹄形の湾には柔らかい砂浜が広がり、一方の端にはごつごつした崖と岩のプールがある。

私たちが見逃したクリフデンのビーチは?

クリフデン近郊の素晴らしいビーチを、上記のガイドから意図せず除外してしまったことは間違いない。

お勧めの場所があれば、下のコメント欄で教えてください!

クリフデンビーチFAQ

クリフデンにビーチはありますか』(ありません)から『泳ぐのに適したクリフデンのビーチは?

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

クリフデン近郊のベストビーチは?

私の意見では、コーラル・ストランド(車で10分)とファウンテンヒル・パブリック・ビーチ(車で15分)に勝るものはない。

クリフデンにはビーチはありますか?

でも、ファウンテンヒルのことを『クリフデン・ビーチ』と呼ぶ人は多いが、実際はそう遠くないリーグンにある。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。