リムリックのカリゴガンネル城ガイド

David Crawford 27-07-2023
David Crawford

リムリックの城といえば、いくつかの城が脚光を浴びている。

キング・ジョン城やアデア城には、国内外から多くの観光客が訪れる。

しかし、リムリックにはカリゴガンネル城跡のように、一見の価値がある中世の建造物が他にもたくさんある!

カリゴガンネル城について知っておくべきこと

写真提供:Shutterstock

カリゴガンネルへの訪問はいたって簡単だが、訪問をより楽しくするために知っておくべきことがいくつかある。

1.ロケーション

カリゴガンネル城は、リムリックのクラリナ・ビレッジから北へ3kmのところにある。 火山岩の上にあり、シャノン河口を見下ろす絶景が楽しめる。 シャノンからもアデアからも車で15分、リムリック市内からは車で20分。

2.駐車場

お城には残念ながら専用の駐車場がないので、近くのバリーブラウン教会に車を停めることをお勧めする。 そこから歩いて15分ほどだ(ただ、道なき道を歩くことになるので注意!)。

3.城への行き方(警告)

グーグル・マップでは、この城への行き方が間違っていることが多い。 ここは私有地なので 立ち入らない こちら その場しのぎの入り口は反対側にあり、自己責任で入ることになる。

4.素晴らしいフォークロア

善が悪に打ち勝つ力強い物語が好きな人にとって、カリゴガンネルは「ろうそくの岩」という意味だ。 地元の民間伝承によれば、この城には毎晩ろうそくを灯す魔法使いのババアが住んでいた。 ろうそくを見ると夜明け前に死んでしまう。 魔法の帽子をかぶった地元の英雄リーガンが、その呪いを解いた。

カリゴガンネル城の歴史

シャッターストック経由の写真

関連項目: バンラッティ城とフォークパーク:その歴史、中世の晩餐会、そして宣伝に値するか?

アイルランドの多くの城がそうであるように、カリゴガンネルにも立派な歴史がある。 岩の上に座り、スカイラインにシルエットを描いているのが、廃墟となったカリゴガンネル城の跡だ。

1209年にはここに城があったと記録されており、テンプル騎士団が駐屯地として使っていたため、そのために建てられたのではないかと考えられている。

現在の建物は1450年頃に建てられたもので、1691年の第2次リムリック包囲戦で攻略された後、城は略奪され、大部分が破壊された。 現存する廃墟は、上部ベイリーと西壁の一部である。

要塞として建てられた家

カリゴガンネル城は、おそらくゲール人のダルカシア人が要塞というよりむしろ城砦化された家屋として建設したものであろう。 南門の防御は不十分で、包囲された場合には実体のない城壁で、複合施設には通常の監視塔もなかった。

城郭の敷地面積は約1エーカーで、建物は地元の岩ではなく、よく削られた輸入石灰岩で造られている。

長年にわたる所有権

カリゴガンネル城の初期の所有者にはオブライエン一族が含まれ、後にフィッツジェラルド一族に明け渡したオコンネル一族も含まれる。

17世紀には、ドナウ・ブライエン、マイケル・ボイル(後のダブリン大司教)を経て、ウィルソン大尉が厩舎として使用していた。 当時、城、納屋、鮭漁場があった。

城に残されたもの

1908年までに、西壁の大部分は失われ、外壁と南壁の残骸だけが、14世紀と15世紀の土台とともに残った。

他の建築遺構によると、城の北西の角には高さ50フィートの天守閣があり、5階建ての螺旋階段があった。

その隣には3階建ての住居があり、南塔と階段があった。 屋根の穴から入る小さな地下牢のような独房を探してみよう。 あれは「吊り穴」だったのだろうか、それとも単なる排水システムの一部だったのだろうか。

第二次リムリック攻囲戦(1689-91)では、ジェームズ2世に忠誠を誓う150人の兵士がこの城を占領した。

カリゴガンネル城周辺の見所

この場所の魅力のひとつは、リムリックの見どころの多くからちょっと足を伸ばせば行けることだ。

以下では、カリゴグネルから目と鼻の先にある見どころを紹介している!

1.カラクチェイス森林公園(車で15分)

シャッターストック経由の写真

313ヘクタールの森林、公園、湖を散策するなら、カレチェイス森林公園へ。 車椅子やベビーカーを含むすべての訪問者に適した、様々な道標のあるトレイルがある。 入場料(バリアゲート式入口)は5ユーロ。 夏期は午後9時、冬期は午後6時半に閉園する。

2.アデア(車で15分)

シャッターストック経由の写真

アデアは、13世紀にさかのぼる藁葺きコテージ、レストラン、カフェ、ギャラリーが立ち並ぶアイルランドの典型的な村です。 アイルランドの最も美しい村」として知られ、3つの歴史的な教会とメインストリートのヘリテージセンターが自慢です。 低いマルチアーチ橋、旧修道院、クラフトマーケット、デズモンド城、裁判所もお見逃しなく。

3.リムリック市(車で20分)

シャッターストック経由の写真

関連項目: ダブリンのカラオケ・スポット7選

中世の面影を残す旧市街のセント・ジョン広場周辺にはジョージ王朝時代のタウンハウスが建ち並び、大聖堂や13世紀に建てられたシャノン川沿いのキング・ジョン城も見どころです。

カリゴガンネル訪問に関するFAQ

ガイドツアーはありますか』から『いつ建てられたのですか』まで、何年もの間、たくさんの質問を受けてきた。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

カリゴガンネル城は訪れる価値があるのか?

デズモンド城とキング・ジョンを訪れ、もっと見たいと思うのであれば、そうだろう。 しかし、上記の警告を考慮に入れてほしい。

カリゴガンネルへの行き方は?

城の南側にある細い道を登っていく必要がある。 不法侵入にならないように注意する必要がある。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。