ウォーターフォードのトラモアビーチ:駐車場、海水浴、サーフィン情報

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

T ウォーターフォードの人気スポット、トラモアビーチは、この町を訪れたり滞在したりするなら、散歩にうってつけのスポットだ。

文字通り「ビッグ・ストランド」を意味する名前のトラモア・ビーチは、5kmに渡って続く広大なビーチで、ウォーターフォードで最も人気のある観光スポットのひとつだ。

砂浜の端には活気あるトラモアの町があり、もう一方にはブラウンスタウン・ヘッドのドラマチックな砂丘がある。

以下のガイドでは、ウォーターフォードのトラモアビーチでのサーフィンや海水浴から駐車場まで、あらゆる情報を見つけることができる。

トラモアビーチを訪れる前に知っておきたいこと

写真:JORGE CORCUERA (Shutterstock)

ウォーターフォードのトラモアビーチを訪れるのはいたって簡単だが、訪問をより楽しくするために知っておくべきことがいくつかある。

水の安全に関する警告:水の安全を理解することは 絶対に 極めて重要 アイルランドのビーチを訪れる際は、水の安全に関するヒントをお読みください。 乾杯!

1.ロケーション

トラモア・ビーチは、ウォーターフォード州、アイルランド南東部の海岸沿いに5kmも続く。 小さな入り江にあるこのビーチは、ウォーターフォード市から南へ13kmのところにあるトラモアの町の前にある。

2.駐車場

ビーチ沿いには大きな駐車場があり、砂浜沿いにはたくさんのスポットがある。 しかし、その駐車場には とても 駐車場は早い時間に到着した方が良い!

3.設備

ビーチの裏手にある駐車場エリアには、公衆トイレ、ゴミ箱、座席がある。 トイレと砂浜は車椅子でも利用できる。 食事ならトラモアにはレストランもたくさんある。

4.水泳

トラモアビーチは人気の海水浴スポットで、海水浴グループがよく集まっているのを見かけます。 トラモアには、6月の第2週から8月末までの週7日間、11:00~19:00までライフガードが常駐しています(日時は変更になる場合があります)。

トラモア・ビーチについて

写真:JORGE CORCUERA (Shutterstock)

トラモア・ビーチは、ウォーターフォードの大西洋岸にある保護された入り江に沿って伸びる長い砂浜である。 全長5kmのビーチは、東にブラウンスタウン・ヘッド、西にニュータウン・ヘッドに挟まれ、西側にはトラモアの町がある。

さらに静かな東の端に向かうと、背景はドラマチックな砂丘となり、ビーチのすぐ後ろにはバック・ストランドと呼ばれる潮の干満でできたラグーンがある。

トラモアビーチは、サーフィン、カヤック、釣り、海水浴など、水辺のアクティビティで人気のスポットだ。 庇護された湾はほとんど穏やかな海だが、熱心なサーファーには大西洋からのうねりが入ってくることもある。

ウォーターフォード市からほど近いため、新鮮な海の空気を吸いたい人には絶好のアクセスである。 トラモアの町には素晴らしいレストランや宿泊施設もたくさんあり、週末を楽しく過ごすことができる。

トラモアビーチでのサーフィン

写真:Donal Mullins (Shutterstock)

サーフィンはトラモアで最も人気のある楽しみ方のひとつで、ウォーターフォードにはトラモアと肩を並べるビーチはほとんどない。

トラモアビーチは風から守られているが、それでも大西洋からのうねりを拾うことができるため、サーフィンに適したスポットである。 大きな波はないが、比較的穏やかなコンディションなので、初心者には最適の場所である。

全くの初心者なら、ライフガード小屋の向かいのビーチにあるトラモア・サーフ・スクールで、初心者から経験者まで、サーフィンのレッスンを受けることができる。

ウェットスーツやボードのレンタルもあり、スタンドアップパドルボード用の道具もあるので、何か違うことに挑戦したい人にもおすすめだ。

サーフィンのレッスンは、道具一式を含むグループレッスンで1人35ユーロ、または10ユーロでウェットスーツ、20ユーロでボードをレンタルして自分でやることもできる。

ウォーターフォードのトラモアビーチ周辺の見どころ

トラモアビーチの魅力のひとつは、ウォーターフォードで一番の観光スポットからすぐ行けることだ。

関連項目: 33のアイルランドの侮辱と罵り:「Dope」、「Hoor」から「The Head On Ye」その他まで

以下に、ビーチから目と鼻の先にある見どころやアクティビティ(さらに、食事処や冒険後の一杯を飲める場所!)をご紹介しよう。

1.メタルマンを見る

写真提供:Irish Drone Photography (Shutterstock)

ビーチの西端、ニュータウン・コーブ(Newtown Cove)には、メタルマン(Metal Man)と呼ばれるユニークなモニュメントがある。 これはもともと、1816年に沖合で起きた悲劇的な船の沈没事故を受けて、海上標識として建てられたものだ。

この像は伝統的な英国の船乗りの服を着ており、入り江の端の危険な崖の端に立っている。 この像を間近に見ることはできないが、町やビーチのさまざまな場所から見ることができる。

2.街で食事をする

写真はモーズのFBより

トラモアには素晴らしいレストランやカフェがあります。 上品なバーから伝統的なパブ、ビーチフロントのカフェまで、どんな味覚にも合う選択肢がたくさんあります。 詳細はトラモアのレストランガイドをご覧ください。

3.日帰り旅行

Photo by Madrugada Verde on Shutterstock

トラモアビーチからの日帰り旅行では、ウォーターフォード・シティでアイルランド最古の街を探検したり、コッパーコーストを散策すると、この地域の興味深い地質学的・歴史的特徴が見えてくる。 自転車に乗ってウォーターフォード・グリーンウェイを走るのもいい。

ウォーターフォードのトラモアビーチ訪問に関するFAQ

ウォーターフォードのトラモア・ビーチの駐車場から近郊の見どころまで、何年にもわたってたくさんの質問をいただいてきました。

関連項目: グランティーナッシグ森林公園:ディングル近郊の貴重な隠れた名所

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

ウォーターフォードのトラモアビーチに駐車場はありますか?

ビーチの真向かいに大きな駐車場があり、暖かい週末にはすぐに満車になります。

トラモア・ビーチで泳ぐことはできますか?

時期によっては波が高いので、海に入るときは注意してください。

トラモア・ビーチの長さは?

文字通り "ビッグ・ストランド "を意味するその名の通り、トラモア・ビーチは5kmにも及ぶ広大なビーチだ。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。