ブランドン山ハイキングガイド:トレイル、駐車場、所要時間など

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

ブランドン山ハイキングは、ディングルでの私のお気に入りのひとつで、アイルランドで最高の山歩きのひとつだ。

時にかなり困難だが、ブランドン山に登っている間に見られる景色は、その多様性と同じくらい壮観だ。

このガイドでは、標高952メートルのブランドン山頂までのルートと、ファハ洞窟側からの登山道の概要を紹介している。

マウント・ブランドン・ハイキングについて知っておくべきこと

Photo by cozizme on Shutterstock

ブランドン山のハイキングは、カラウントゥヒルのようなハイキングに比べればずっと簡単だが、適切な注意と計画が必要だ。

関連項目: ブレイ・ヘッド・ウォーク:手軽な登山と絶景ガイド

慌ててブランドン山に登る前に、以下の必要事項をじっくりお読みください(このガイドの後半にガイド付きハイキングの情報もあります)。

1.警告

最もアクセスしやすい山歩きでも、天候が急変し、準備を怠れば悪夢となる。 マウント・ブランドン・ハイキングは、最高に簡単とは言い難く、地図とコンパスに慣れていない経験の浅いハイカーには本当に不向きだ。

トレイルはかなりよく整備されているが、雲に覆われて景色が見えなくなるのに時間はかからない。

そのため、重ね着をし、防水靴と丈夫な長靴を持参し、手元に地図を用意しておくこと。 その日の早い時間に出発し、事前に天気をチェックしておくこと。

2.スタート地点

ブランドン山に登るにはいくつかの方法があるが、手っ取り早く簡単なルートを選ぶなら、西側(ディングル)からアプローチし、中世の巡礼路(セイント・ルート)を通る。

個人的には、クロゲインに近いファハ洞窟の東側から山頂にアプローチする長いコースの方が好きだ。 このコースは、最初から9キロ(往復)にわたってまったく素晴らしい景色を楽しめる。

3.駐車場

ファハ側からマウント・ブランドン・ハイキングを始めると、きちんと駐車すれば(必ずしもそうとは限らないが...)8台ほど停められる小さな駐車場がある。

夏の晴れた日にブランドン山に登るつもりなら、場所を取り逃さないように早めに到着しよう。

4.難易度

このルートは、ディングルからスタートする簡単なトレイルに比べれば難コースとされているが、余分に努力する価値は十分にある。

切り立った岩肌が続く区間もあり、かなりハードなところもあるが、中程度の体力があればなんとかなる。 特に下り坂は険しく、悪天候の場合は滑りやすい。

5.所要時間

下記のブランドン山ハイキングの所要時間は、上り下りを合わせて平均6~7時間だが、天候や景色を眺める時間にもよる。

川、滝、湖、山、海、そして素晴らしいビーチが道中にあり、景色をスナップするために立ち止まることも多いだろう!

5月から9月の間にブランドン山のハイキングに挑戦し、十分な日照時間を確保するために早めのスタートを切るのがベストなアドバイスだ。

ブランドン山ハイキング:トレイルガイド

グーグル・マップ経由の写真

さて、基本的なことはこれくらいにして、ハイキングを始めよう! さて、繰り返しになるが、このハイキングの準備には十分注意してほしい。

履きなれた靴、水、軽食は最低限必要だ。

ブランドン山ハイキングのキックオフ

駐車場を出て、標識のある草道をグロットに向かって進むと、背後には海と砂浜が、前方にはなだらかな緑の丘が山になっている。

ここからブランドン山を登り始めると、景色はさらに良くなる。 洞窟を過ぎると、足元が岩だらけになりながら、草の生い茂った道が山肌を巻いていく。

白いポールに沿って進み、ブランドン湾とマハリース山脈を見渡す素晴らしい景色を振り返るのをお忘れなく。

やがて、遠くに輝くいくつもの山中湖が見え始め、トレイルは右に逸れて後ろの景色が見えなくなる。 飛行機墜落現場(F8+KH)に目を凝らし、記念ベンチを見つける。

崖っぷちに到達

突然、景色が一変する。 海の景色も、砂浜も、なだらかな緑の斜面もなくなり、やがて切り立った崖のようなものが目の前に現れる。

でも心配しないで、頂上を目指すのに登山道具は必要ない! 山に抱かれるようになると、風は静まり、岩肌からこぼれ落ちる水の心地よい音が聞こえ始める。

小さく感じるだろうが、崖っぷちを克服することは可能だ。 ゆっくりでいい! 白い矢印に従って進むと、道がかなり狭くなり、岩場もあるので足元に注意すること。

マウント・ブランドン登山のこのセクションはタフで、時にはかなりのスクランブリングが必要だが、山の湖を見渡す景色は素晴らしい。 そしていつの間にか尾根にたどり着き、再び海が見える!

ブランドン山頂に到着

写真:Colm K (Shutterstock)

関連項目: グレンゲッシュ峠:ドニゴールの山々を貫くマッドでマジカルな道

谷からスクランブルで尾根の上に出れば、山頂まではそう遠くない。 一息ついて、天気がよければ、素晴らしい景色を見渡そう。

晴れた日には、眼下に広がる鮮やかな緑の野原から、鋭い崖っぷちを越えて海へと落ちていくブラスケット諸島を眺めることができるはずだ。

注意:この区間は雲が多いことで有名だ。

地図とコンパスの使い方に不安がある場合は、このガイドの最後に紹介しているガイド付きハイキングに参加することを検討してほしい。

駐車場への長い帰り道

山頂でお茶とサンドイッチ(各自持参)を食べたら、下山しよう。

マウント・ブランドンを登るのが大変だと感じたなら、下山はもっと厄介な場所になる。 急な岩場は膝を痛めるので、特に湿った天候のときは、気をつけてゆっくりと下ろう。

帰りは来た道を戻るのが一番簡単で、道はかなり整備されているからだ。 ゆっくりと、そして慎重に。

クルマに戻ったら、とっておきの情報がある!駐車場からわずか3kmのCloghaneにあるO'Connor's Bar and Guesthouseで部屋を予約するか、テントを張ってみよう。

150年の歴史を持つこの宿は、ブランドン山のふもとにあり、素朴な魅力にあふれている。 素晴らしい食事と飲み物、そして居心地のよいフレンドリーな雰囲気で、ハードなハイキングの一日を締めくくることができる。

マウント・ブランドン近郊の見どころ

マウント・ブランドン・ハイキングの魅力のひとつは、人工的なものであれ自然であれ、他のアトラクションの喧騒から少し離れたところにあることだ。

以下では、ブランドン山からすぐの見どころやアクティビティを紹介する。

1.スレアヘッド・ドライブ

写真:Melissa Bobo (shutterstock)

マウント・ブランドンからすぐのところにあるスリア・ヘッド・ドライブには、ダンキン桟橋(Dunquin Pier)やクーミヌール・ビーチ(Coumeenoole Beach)からガラルス・オラトリオ(Gallarus Oratory)などを巡ることができる。

2.ブランドンで景色を眺めながら一杯

写真:@clairemcelligott

ブランドンのMurphy'sは、上の写真のように、景色を楽しみながら一杯やるには絶好の場所だ。 晴れた日に訪れれば、外の席で山の景色を眺めることができる。

3.ディングルで食事

ディングルには、おいしい食事ができるレストランやパブがたくさんあります。 ディングルの宿泊施設ガイドを参考に、滞在先を探してみてください。

ガイドとブランドン山に登る

マウント・ブランドン・ハイキングに挑戦してみたいが、経験豊富なガイドと一緒に登りたいという方は、ケリー・クライミング社の登山に参加することができる。

ケリー・クライミングの各登山は、この地域に精通した経験豊富なガイドが担当し、登山計画を立てる手間を省くことができる。

ガイド付きハイキングに挑戦したことがなく、どんなことをするのかわからないという人も心配しないでほしい。 ガイド付きハイキングの評判は上々だ(執筆時点でGoogleの4.9/5)。

ブランドン山登山に関するFAQ

ブランドン山の標高はどのくらいなのか、どのようなルートで登るのがベストなのかなど、長年にわたって多くの質問を受けてきた。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

ブランドン山の登山は難しいですか?

マウント・ブランドンのハイキングは、ところどころ難易度が高いが、中程度の体力があれば、たいていの場合は問題ないだろう。 とはいえ、頂上までの往復が長いので、出発前にそれを考慮に入れておく必要がある。

ブランドン山の標高は?

ブランドン山の標高は952メートル。

ブランドン山の登山にかかる時間は?

上記のトレイルを通ってブランドン山に登る場合、トータルで6~7時間かかる。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。