ダブリンの尖塔:いつ、どのように、そしてなぜ建てられたのか(+興味深い事実)

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

尖塔(別名「光のモニュメント」)は、ダブリンで最もよく知られたランドマークのひとつだと言えるだろう。

主な理由は、ダブリン山脈からクローク・パークのスカイラインまで、どこからでも見えるからだ。

高さ121メートル(398フィート)のスパイアは、公式には世界で最も高い独立型パブリックアートである。

以下のガイドでは、ダブリンのザ・スパイアの歴史から、その建設に関する統計データなどをご覧いただけます。

ザ・スパイアについて知っておくべきこと

ダブリンのザ・スパイアへの訪問はいたって簡単だが、訪問をより楽しくするために知っておくべきことがいくつかある。

1.ロケーション

ダブリンの壮大な彫刻、尖塔はオコンネル・ストリート・アッパーにあり、見逃すのはかなり難しい!GPOとオコンネル記念塔の近くにある。 ネルソンの柱の跡地に建てられた。

2.その内容

The Spire of Dublin(ダブリンの尖塔)は、建築設計コンペの勝利によって依頼されたもので、衰退の一途をたどっていたオコンネル・ストリート再生の一環であった。 樹木が撤去され、彫像が清掃され、車線が縮小され、店先が強化された。 新しいストリート・レイアウトの中心はThe Spire(尖塔)で、2003年初めに完成した。

3.身長

スパイアは高さ121メートル(398フィート)で、自立したパブリックアートとしては世界一の高さを誇る。 先端10メートルの上部は、発光ダイオードのビームを通す11,884個の穴を通して、日没後にライトアップされる。

4.ニックネーム

アイルランド人はニックネームが大好きで、意見が分かれる新しいパブリック・アートのように、スパイアにも多くのニックネームがつけられている。 正式には「光のモニュメント」(An Túr Solais)として知られているが、スパイアは「ゲットーの小剣」、「ペールの釘」、「リフィーの小剣」とも呼ばれている。

ザ・スパイア誕生の経緯

Photo by mady70 (Shutterstock)

ダブリン中心部のオコンネル・ストリートにそびえ立つザ・スパイアは、古くからの壮大な建物に囲まれ、やや不釣り合いな佇まいを見せている。 ダブリンのメインストリートの改修の一環として建設されたが、その通りは無味乾燥な店構えやテイクアウェイ・レストランが軒を連ね、衰退の一途をたどっていた。

ネルソンの柱

1808年以来、ネルソンの支柱が建っていたこの場所には、新たな中心地が必要だった。 切り株として知られるこの支柱は、アイルランド独立戦争前、アイルランドがイギリスの一部だった時代に建てられたもので、論争が絶えなかった。

1966年、共和党活動家が仕掛けた爆弾によって破壊され、ダブリンの大通りにちょっとした穴を残した。

イースター蜂起の指導者であったパドレイグ・ピアースの100歳の誕生日を記念して、その記念碑を建てる計画もあった。 15万ポンドをかけたこの建物は、ピアースが1916年に戦った近くのGPOよりも高い場所に建つ予定だったが、実現することはなかった。

アンナ・リヴィア記念碑

1988年のダブリン・ミレニアム記念式典を記念して、アンナ・リヴィア記念碑がかつての柱の跡地に設置された。

Eamonn O'Dohertyがデザインし、実業家のMichael Smurfittが依頼したこのブロンズ彫刻は、ジェームズ・ジョイスの小説の登場人物であるAnna Livia Plurabelleの寝そべった姿が特徴である。

ダブリンの人々は、このモニュメントに「ジャグジーのフロージー」というニックネームを付けていた!

関連項目: ベンブルベンの森散策ガイド:駐車場、トレイル、地図+便利な情報

2001年、アンナ・リヴィア記念碑は、ザ・スパイアの建設のため、ヒーストン駅近くのクロッピーズ・メモリアル・パークに移された。

ダブリンの尖塔建設

シャッターストック経由の写真

国際的なデザインコンペが行われ、イアン・リッチー・アーキテクツが考案した「ザ・スパイア」が優勝。 ウォーターフォードのラドレー・エンジニアリングが製造し、SIACコンストラクション/GDWエンジニアリングが建てた。

スパイアは400万ユーロをかけ、6つのセクションに分割して建設された。 2000年の完成を予定していたが、計画許可をめぐる高等法院の訴訟により遅れ、着工は2002年12月、完成は2003年1月21日となった。

ダブリンを象徴するこの尖塔は、明るく無限の未来を指し示していると言われている。

関連項目: 18のアイルランドの結婚式の祝福と読書は、あなたの大切な日をマークする

ザ・スパイア・イン・ダブリンの周辺の観光スポット

ザ・スパイアは、ダブリンで最も人気のある美術館からダブリンを象徴するランドマークまで、ダブリンで最高の観光スポットから目と鼻の先です。

以下では、歴史的なGPOや風変わりなハペニー橋など、ザ・スパイアから少し足を伸ばしたところにある観光スポットをご紹介します。

1.GPO(徒歩1分)

写真:David Soanes (Shutterstock)

オコンネル・ストリートにあるGPOビルは、現在、魅力的な博物館となっており、ガイド付きまたはセルフガイドのオーディオツアーが用意されています。 1916年のイースター蜂起と、ここオコンネル・ストリートで起こったアイルランド近代史の誕生を物語っています。 毎年10万人以上が訪れるダブリン随一の観光スポットで、ベスト・カルチュラル・エクスペリエンス(アイルランド政府観光局)など数々の賞を受賞しています。

2.オコンネル記念碑(徒歩3分)

写真左:Balky79 写真右:David Soanes (Shutterstock)

オコンネル・ストリートをさらに進むと、偉大な「カトリック解放者」を称えるダニエル・オコンネル像がある。 ジョン・ヘンリー・フォーリーによって彫刻されたこのブロンズ像は、1882年に除幕された。 近づいて、記念碑に傷跡を残す弾痕を探してみよう。 1916年のイースター蜂起の戦いで、まさにこの場所で作られたものだ。

3.ハペニー橋(徒歩7分)

写真:Bernd Meissner (Shutterstock)

リフィー川(River Liffey)のウォーターフロントを散策し、ハペニー橋(Ha'penny Bridge)として知られる43メートルの楕円アーチ橋を訪れましょう。 1816年に建設されたこの歩道橋は、水漏れしていたフェリーに取って代わるものでした。 利用者は渡るのにハペニー(Ha'penny)を徴収され、この料金は廃止されるまで100年間変わりませんでした。

4.トリニティ・カレッジ(徒歩10分)

シャッターストック経由の写真

ダブリンの中心部にあるアイルランド最高峰の大学、トリニティ・カレッジの神聖な敷地を歩こう。 1592年に設立された47エーカーのキャンパスは、18,000人を超える大学院生と学部生に歴史的なオアシスと学びの場を提供している。 見事なロング・ルームを訪れ、古代のケルズの書を眺めよう。

ザ・スパイアに関するFAQ

スパイアはなぜ建てられたのか』から『他に似たようなダブリンの近代建築はあるのか』まで、長年にわたってたくさんの質問をいただいてきました。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

ダブリンの尖塔の高さは?

高さ121メートル(398フィート)のダブリンのザ・スパイアは、自立式のパブリックアートとしては世界一の高さを誇る。

ザ・スパイアの建設費は?

この尖塔は6つのセクションに分割され、400万ユーロの費用をかけて建てられた。 しかし、これには長年に渡って発生したメンテナンスや清掃の費用は含まれていないことを覚えておいてほしい。

ダブリンのザ・スパイアが建設されたのはいつですか?

光のモニュメント」は2002年12月に着工され、2003年1月21日に完成した。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。