2023年、レタケニー・タウン(および近郊)でできること21選

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

目次

ドニゴール州レタケニーでの最高の楽しみ方をお探しなら、ここがぴったりの場所です。

まだレタケニーを訪れたことのない方には、ぜひ訪れていただきたい。ドニゴール州を探索するのに最適な拠点であり、ドニゴール州を訪れるのに最適な場所の数々から目と鼻の先だ。

スウィリー湖の南端に位置する同郡最大の町で、息を呑むような景色に囲まれ、歴史的な見どころが満載だ。

以下のガイドでは、レタケニーで(町を離れることなく)何をすべきか、また(あまり遠くまでドライブすることなく)近郊の観光スポットをご紹介します。

レタケニーでの楽しみ方

写真:Ballygally View Images/shutterstock

セント・ユーナン大聖堂、アリーナ・セブン・エンターテイメント・センター、オーラ・レジャー・コンプレックスがあるレタケニー・タウンは、ドニゴールのワイルドなウェスト・コーストや美しいノース・コーストのビーチに簡単に行ける距離にある。

以下のセクションで、以下の内容をご覧いただけます。 我々 はレタケニー・タウンでの最高の楽しみ方を考えている。散歩や食事から、ツアーやトラッドバーまで何でもある。

1.ハニーポット・コーヒーハウスのコーヒーで一日の活力をつける

写真はハニーポット・コーヒーハウスのFacebookより

その名の通りアットホームなハニーポット・コーヒーハウスでは、アイリッシュ・ブレックファストやエッグベネディクト、サラダからハンバーガー、ピザまで美味しいランチに舌鼓を打つことができる。

シェフのディー・スタニスラフが2016年にオープンしたこのレストランは、カフェ・オブ・ザ・イヤーやトリップアドバイザーのトラベラーズチョイス2020など、数々の賞を受賞し、注目を集めるのに時間はかからなかった。

関連項目: ウォーターフォードのトラモアビーチ:駐車場、海水浴、サーフィン情報

もうひとつの素晴らしいオプションは、ユニークなコーヒー&フード体験ができるソンダー・カフェだ!

レタケニーで一日の始まりに何をしようか迷っているなら、まずここに来てお腹を満足させよう。

2.ドニゴール郡博物館でタイムスリップ

グーグル・マップ経由の写真

雨の日のレタケニー・タウンでの楽しみ方をお探しの方は、ドニゴール郡博物館をお勧めする!

かつての作業小屋(1845年)を利用したこの博物館には、先史時代から現在までのドニゴールの歴史と遺産を記録した8,000点もの魅力的な品々が展示されている。

展示品には、考古学的発見、陶器、美術品、写真、フィルム・アーカイブなど、この歴史的な郡を物語る品々が含まれている。 常設展示のほか、常に変化する臨時展示も行われている。

子供向けには、アクティビティ・トレイルやドニゴール・ミュージアム・ディテクティブがある。 歴史が埃っぽくて退屈なものである必要はない、ということを物語っている!

3.グリーブ・ハウス&ギャラリーで文化に触れる

リージェンシー・スタイルのグリーブ・ハウスは、かつて1954年からイギリス人画家デレク・ヒルの自宅兼アトリエだった。 1981年に彼がこの家とアート・コレクションをアイルランド国に寄贈するまで、近くのガータン湖は尽きることのないインスピレーションの源だった。

これで私たちは、美しいアンティークの調度品、庭園、ティールーム、そして湖の眺望を備えたこの素晴らしい邸宅を楽しむことができる。

ウィリアム・モリスのテキスタイルで装飾された館内とギャラリーには、ピカソやココシュカをはじめとする著名な国際的芸術家の作品が300点以上展示されている。

ここを訪れることは、芸術や歴史が好きな人、森林庭園や美しい景色が好きな人にとって、レタケニーでの最高の楽しみ方のひとつである。

4.聖ユーナン大聖堂を訪れる

写真:Ballygally View Images/shutterstock

聖ユーナン大聖堂はレタケニーで最も有名なランドマークで、1890年から1900年にかけて建設された。 ダブリン出身の建築家ウィリアム・ハウグによって設計され、レタケニーの町を見下ろすことができる。

大聖堂は外から見ても印象的だが、本当に記憶に残るのはその中だ。

その扉をくぐれば、見事なステンドグラスの窓、純銀製の聖域ランプ、壮麗な天井、大きなアーチが目に飛び込んでくる。

5.町の有名なトラッドバーでくつろぐ。

写真左:グーグルマップ、右:FBのコテージ経由

レタケニーのベスト・パブ・ガイドを読めば、この町には素晴らしいトラッド・バーがたくさんあり、その多くがギネスを美味しく飲めることはもうお分かりだろう。

昔ながらのパブをお探しなら、ザ・コテージ・バーに立ち寄ってみよう。

もうひとつのユニークなスポットはブレイクスで、まるで誰かのリビングルームに入り込んだような気分になる!

関連項目: キルモア・キーの楽しみ方13選(+周辺の観光スポット)

6.アン・グリアナン・シアターでショーを楽しむ

Photo via An Grianan Theatre on Facebook

ドニゴール州中にファンを持つ著名なイアゲイル・アート・フェスティバルの本拠地であるアン・グリアナン・シアターは、レタケニーの芸術の中心地である。

地元の劇団や来日する劇団によるイベントが開催され、コメディー、ドラマ、音楽ライブ、ワールドクラスの作品など、素晴らしいレパートリーを提供している。

1999年にオープンしたこの劇場には383席があり、ワークショップやスター志望者向けの演劇教室を開催するスペースもある。 その名前(「日当たりの良い場所」という意味)にふさわしく、ガラス張りのファサードからは内部に自然光が降り注ぐ。

これから行われるパフォーマンスをチェックして、素晴らしいカルチャーの夜を予約しよう。 レタケニーで夜に何をしようか迷っている人には、これもおすすめだ!

7.ニューミルズ・コーン・アンド・フラックス・ミルズ(Newmills Corn and Flax Mills)でアイルランド最大級の水車を見学する。

写真:OPW

レタケニーからわずか5kmのところにある、白亜のニューミルズ・コーン・アンド・フラックス・ミルズ(Newmills Corn and Flax Mills)は、アイルランド最大級の水車が稼動しており、スウィリー川(River Swilly)を水源とする全長1kmの水車レースがある。

400年以上の歴史を持つこの工場群は、産業革命期の19世紀の生活を垣間見ることができる。

アイルランドのリネン産業を支えた亜麻製粉所のほか、トウモロコシ製粉所もある。 その後、この複合施設にはパブと鍛冶場ができた。

ベルトや歯車が並ぶエンジン・ハウスを見学し、エキシビション・センターでアルスターの産業遺産について知識を深めよう。

8.レモン・ツリー・レストランでお腹を満足させる

写真はレモン・ツリー・レストランのFacebookより

レタケニーでカップルのためのアクティビティをお探しなら、経験豊富なチームによる美味しい料理は欠かせない。

1999年創業のレモン・ツリー・レストランは、レタケニーのコートヤード・ショッピング・センターの中心にある家族経営のレストラン。

ワイルド・アトランティック・ウェイを散策する際に、カロリーをたっぷり補給するのに理想的な場所だ。 ベスト・エマージング・アイリッシュ・キュイジーヌ」で賞を受賞したこのレストランは、毎日午後5時から営業しており、ミシュラン2020とマッケナス・ガイドに掲載されている。

3人のシェフ兄弟は、鹿肉の赤ワインソース、新鮮なメルルーサのロースト・パースニップ添え、七面鳥とドネガル・ハム、地元産のムール貝やホタテを使った料理など、食欲をそそるアラカルトメニューを提供している。

レタケニーのレストランガイドをご覧ください。

子供とレタケニーの楽しみ方

写真はルルギブラック・オープン・ファームのFacebookより

次のセクションでは、家族で楽しめるレタケニーの様々な楽しみ方をご紹介します。 以下では、落ち着いたアトラクションやアクティブなアドベンチャーをご紹介します。

ガイドの後半では、レタケニー・タウン近郊のハイキング、ウォーキング、景色を楽しみながらのドライブなど、やってみる価値のあるものを紹介している。

1.午前中、トロピカルワールドをぶらぶらする

写真:トロピカルワールド

ドニゴールの隠れた宝石」と形容されるトロピカル・ワールドは、家族連れにレタケニーで最も人気のある観光スポットのひとつだ(Googleの900件以上のレビューで4.8/5を獲得!)。

ここは完全に認可された動物アトラクションで、温度管理された環境で野生動物を間近に見ることができる。

熱帯雨林の中にあるバタフライ・ハウスでは、何百匹もの鮮やかな蝶が羽化し、飛び回り、餌を食べる様子を見ることができる。

レタケニーにあるこの家族向けアトラクションには、爬虫類、マーモセット、エキゾチックな鳥類、ペットエリアがあり、自分だけの "小さな猿 "と一日を楽しむのに最適だ。

2.雨の日の午後、アリーナ7・エンターテインメント・コンプレックスで遊ぶのもいい。

写真はアリーナ7のFBより

土砂降りの中、子供たちとレタケニー・タウンで何をしようか迷っているなら、次の場所に行ってみよう。

10ピンボウリング、エアホッケー、スヌーカー、あるいは最も競技性の高いビデオゲームを楽しみたい人は、アリーナ7・エンターテイメント・コンプレックスに行けば、テレビ、コーヒードック、ファーストフード・カフェもある。

レタケニーのバリーレイン工業団地にあるこの複合施設には、レーザータグやカラオケなど、誰もが楽しめるものが揃っている。 社交の場となるバーもある。 家族や仲間、同僚と訪れて、思い切りはしゃぐには最高の場所だ!

関連記事 ドニゴールで家族連れにお勧めの観光スポット15選をご覧ください(家族向けの散策コース、屋内アトラクション、とてもユニークなツアーなどがあります)。

3.レタケニー・カート・センターのコースを案内する。

写真:Letterkenny Karting Centre on Facebook

レタケニーで友達同士や子供と一緒に楽しめるアクティビティをお探しなら、レタケニー・カート・センターはいかがだろう。

レタケニー・カート・センターでは、一度に最大20台のカートがアイルランド最大級の900メートルのコースを周回することができる。

15分、20分、30分の練習セッションを予約するか、最低7レース、準々決勝、準決勝、決勝が保証されるグランプリに申し込む。

4.ルルギブラック・オープンファームの動物を見ることもできる

写真はルルギブラック・オープン・ファームのFacebookより

アヒル、鳥、ウサギ、シマリス、モルモット、ヤギなどの毛皮の仲間を飼育している。

子供たちが屋内外のプレイエリア、バウンシーキャッスル、ジップライン、タイヤ滑り台を楽しんでいる間、親はティールームでおいしいスナックや飲み物を楽しむことができる。

お財布に優しいファミリー・チケットもあり、お出かけに最適だ。

レタケニー近郊の見どころ

写真左:ルカセック 写真右:The Wild Eyed/Shutterstock

というわけで、お分かりいただけたと思うが、次のようなものがある。 たくさん レタケニー・タウンの楽しみは、牛が帰ってくるまで飽きることがない。

しかし エンドレス レタケニー近郊の見どころは、この町が観光の拠点として最適である理由です。 近郊のベストアトラクションは以下から検索できます。

1.グレンベー国立公園を探検する

Photo by alexilena (Shutterstock)

レタケニー・タウンの喧騒からわずか20分のグレンヴェーグ国立公園は、自然の美しさが際立つ壮大なエリアで、ハイカーやマウンテンバイクのための標識付きトレイルがある。

野生動物博物館、レンタサイクル、カフェなどがあるビジター・センターから旅を始めよう。 湖、たくさんの山の景色、印象的なグレンヴェーグ城、見事な城壁に囲まれた庭園などを無料で見学できる。

アカシカ(アイルランド最大の群れ)やイヌワシに出会えるかもしれないので、カメラを持って出かけよう!

2.グリアナン・オブ・アイリアックで景色を満喫する

写真提供:Tom Archer(アイルランド政府観光局

イニショーウェンの海抜250メートルに位置するグリアナン・オブ・アイリアックとして知られる古代の石造りの砦は、ドニゴール州で最もよく知られた古代遺跡である。

紀元前1700年に遡るこの砦は、5世紀に聖パトリックが訪れたときにはかなり古いものだった。 丸い石造りの砦には3つのテラスと鉄器・青銅器時代の城壁跡があり、イニショーウェンの巨人が眠っていると言われている。

1870年代に修復されたこの素晴らしい敷地からは、フォイル湖やスウィリー湖を含む半島を一望できる。

関連記事 レタケニーにあるお勧めのホテル10軒をご紹介します。

3.イニショーウェン100を走る(ドライブまたはサイクリング)

シャッターストック経由の写真

徒歩でも、二輪車でも、四輪車でも、イニショーウェン100は標識のある風光明媚なドライブルートで、忘れられない思い出となるだろう。

ダンリー・フォート軍事博物館、風光明媚なマモア・ギャップ、リーナン湾、タラグ湾のブルーフラッグ海域など、この旅には次から次へと見どころが詰まっている。

道路に戻ると、ティディ・タウン・オブ・マリン、ファイブ・フィンガーズ・ストランド、カルダフ村と湾、フォイル湖、グリーンカッスルの港を通り過ぎ、ブリッジェンドに戻る。

途中に魅力的な寄り道が多すぎるため、100マイルで完走する旅行者はほとんどいない!

4.マリン・ヘッド周辺を散策する

マリン・ヘッド:写真:Lukassek(Shutterstock)

ワイルド・アトランティック・ウェイの起点となるマリン・ヘッドは、ルーク・スカイウォーカーやジェダイ・マスターたちがトレッキングをしたことで知られるドラマチックな風景が広がる(映画『スター・ウォーズ』のロケ地)。

ワラビに覆われたなだらかな山々や大西洋の波打ち際は、手付かずの野生生物、野鳥、そして時折放棄された耕作地とともに、魅力の一部となっている。

岬の頂上には1805年にフランスの侵攻を防ぐために建てられたザ・タワーがあり、さらにその先には地獄の穴(Hell's Hole)がある。

5.マモレ・ギャップで景色を楽しむ

シャッターストック経由の写真

標高250mのマモア・ギャップからは、ラフ・スウィリー、ファナド半島、北イニショーウェン半島が一望できる。

聖イーニュに捧げられた聖なる井戸は、今でも地元の巡礼の場であり、小さな彫像の祭壇は、毎年ミサの中心となっている。

近くにある重力坂(ニュートラルにした車が坂を上っていくように見える)のパワーをチェックし、息を呑むような景色を眺めながら下る。

6.デリーへのドライブ旅行

シャッターストック経由の写真

レタケニー・タウンでの最高の楽しみ方を紹介するガイドの中に「Visit Derry(デリー訪問)」が出てくるとは思ってもみなかっただろう。

デリー・シティは、レタケニー・タウンから目と鼻の先(車で33分)にあり、探検するのに最適な場所がたくさんあります。 デリーでの最高の楽しみ方ガイドで詳細をご覧ください。

7.ダンリー・フォート散策

写真:フォート・ダンリー軍事博物館(Facebook

半島に広がるこの "ヘザーの砦 "は、スウィリー湖を見渡す素晴らしい景色を楽しめる。

遺産博物館は1986年にオープンし、特に軍事史に興味のある人たちに興味深い情報を提供している。

レタケニー周辺の見どころを一挙に紹介したが、そのフィナーレを飾るにふさわしい場所であることは、きっとご納得いただけるだろう。

レタケニーで見逃した観光スポットは?

"上記のガイドから、意図せずしてレタケニーの素晴らしい観光スポットを省いてしまったことは間違いない。

お勧めの場所があれば、下のコメント欄で教えてください。"チェックしますよ!"

レタケニー・タウンの楽しみ方に関するFAQ

レタケニーでカップルで楽しめることは何ですか』から『近くで観光できる場所はどこですか』まで、長年にわたってたくさんの質問を受けてきました。

以下のセクションに、これまでに寄せられたFAQを掲載しています。 もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。"

レタケニーでの一番の楽しみは?

セント・ユーナンズ大聖堂、グリーブ・ハウス・アンド・ギャラリー、ドニゴール・カウンティ・ミュージアムなどがあり、レタケニー近郊にはグレンヴェアなど見どころがたくさんある。

雨天時のレタケニーの見どころは?

セント・ユーナン大聖堂、グリーブ・ハウス・アンド・ギャラリー、ドニゴール・カウンティ・ミュージアムなどは雨の日のお薦めだ。 風光明媚なイニショーウェン100ドライブをするのもいい。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。