ケルトの生命の樹のシンボル(クラン・ベサド):その意味と由来

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

ケルトの生命の樹のシンボル(Crann Bethadh)は印象的な光景だ。

数あるケルトのシンボルの中でも最も印象的なもののひとつであるケルトの生命の樹の意味は、ケルト人がいかに樹木を自分たちの存在に不可欠なものと見なしていたかを中心に展開される。

以下では、クラン・ベサドの起源、さまざまなデザイン、そしてもちろんそれが象徴するものをご紹介します。

ケルトのシンボル「生命の樹」について知っておきたいこと

アイリッシュ・ロード・トリップ

ケルトの生命の樹の意味を見るためにスクロールダウンする前に、15秒かけて以下のポイントを読んでください:

1.木は日常生活に不可欠だった

ケルト人は樹木を自分たちの生存に不可欠なものと考えていた。 シェルター、食料、暖房を樹木に依存し、樹木は狩猟の対象となる野生動物の生息地でもあった。

2.精神的なつながり

オークの木は森の中で最も大きく高い木であったため、頻繁に稲妻を引き寄せていた。 ケルト人はこれを、ケルトの神々がこの木が特別な木であることを示すサインと見なしていた。

3.シンボルの強さ

ケルトには力強さを表すシンボルがいくつかあるが、アイルランドの「生命の樹」に匹敵するものはほとんどない。 ケルト人は、オークの下に横たわり、その重さを支える強大な根系の絶大な力を賞賛していた(詳細は後述)。

クラン・ベサドについて

アイリッシュ・ロード・トリップ

ケルトの生命の樹のシンボルは、ケルト人として知られる古代の部族グループから生まれた数多くのデザインのひとつである。

ケルト人はヨーロッパ全土に住んでいたが、一般に信じられているのとは異なり、アイルランド人でもスコットランド人でもなかった。

樹木の重要性

ケルト文化における樹木の重要性については軽く触れたが、これを軽視することはできない。

ケルト人は自然を信じ、大地と彼方の生命とのつながりを信じ、木には先祖の魂が宿っていると信じていたと考えられている。

ケルト人は、樫の木のそびえ立つ強さと長寿(樫の木は300年以上生きることができる)を、高貴さと持久力の象徴と見なしていた。

コミュニティにおける重要性

アイルランドのケルト人が新しいコミュニティを形成したとき、その中心に木を植えた。

コミュニティの中心地として、木陰の枝は重要な会議が開かれる場所だった。

関連項目: 2023年にタイタニック・ベルファストを訪れるためのガイド:ツアー、期待すること+歴史

戦いと精神性

戦乱の時代、ケルト人は敵の木を切り倒せば、敵に勝利できると信じていた。

彼らは樹木の根系を物理的な出入り口とみなし、大地を貫いて彼方の精神世界へと通じていると考えていた。

デザイン

このシンボルにはさまざまな形やバリエーションがあるが、いずれも上に枝が広がり、下に根が張り巡らされた樹木を表している。

生命の樹を逆さまにしても同じように見えるデザインもあれば、上や下のように凝ったデザインもあれば、ミニマルなデザインもある。

マザーフッドノットやダラノットなど、他の多くのケルトノットのシンボルのように、ツリー・オブ・ライフ・ノットのいくつかのバリエーションは、始まりも終わりもなくエンドレスである(下の画像を参照)。

他の文化におけるクラン・ベサド

北欧人には生命の樹のシンボルがあり、アイルランド侵略の際に持ち込まれた可能性がある。 ただし、彼らの聖樹はオークではなく、トネリコの木で、「ユグドラシル」と呼ばれていた。

生命の樹のシンボルは、古代エジプトの墓の彫刻にも描かれており、おそらくケルト文化よりも古いものであろう。

ケルトの生命の樹のさまざまな意味

アイリッシュ・ロード・トリップ

ケルトの「生命の樹」の意味については、さまざまな解釈がある。

これらのシンボルが日常生活で使用されていた当時の記録は乏しいため、私たちは計算された推測に頼っている。 ここでは、ケルトの生命の樹の意味を3つ紹介しよう:

1.強さ、知恵、持久力

最も正確なケルトの生命の樹の意味は、強さと知恵を象徴するというものだ。 オークの木は300年以上生きることができる。

一生の間に嵐を乗り越え、人間や動物に襲われ、傷つき、高さは40メートルにもなる。

ケルト人はオークを、樹木の巨大な重量を支える複雑な根系による力強さ、地上で過ごした時間による知恵、そして時間や状況を通して誇り高く立ち続ける耐久性の象徴とみなした。

2.人生のステージ

ケルトの「生命の樹」のもうひとつのポピュラーな意味は、誕生、死、輪廻転生という人生の3つの段階を象徴しているというものだ。

関連項目: リムリックのカリゴガンネル城ガイド

これに似た意味を持つケルトのシンボルはこれだけではなく、トリニティ・ノットやトリスケリオンにも同様の意味がある。

3.不死

オークの木は森の中で最も大きく高い木であったため、頻繁に落雷を引き寄せていた。 これはケルト人にとって、その木が特別であるという神々からのサインと考えられていた。

ケルト人は、木は自分たちの祖先が生まれ変わったものだと信じていた。

アイルランドの生命の樹に関するFAQ

アイルランドのツリー・オブ・ライフのタトゥーは何がいいのか』から『ツリー・オブ・ライフの意味は?

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

ケルトの生命の樹とは何を意味するのか?

生命の樹にはいくつかの異なる意味があるが、最も正確なものは、強さ、持久力、知恵である。

ケルトの生命の木は何の木?

ケルトの生命の樹は、オークの木が直接描かれていることから、間違いなく最も重要なケルトのシンボルのひとつである。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。