ダブリンの飢饉記念碑にまつわる物語

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

ダブリンの飢饉記念碑は岸壁にあり、心を揺さぶる。

18世紀から19世紀にかけて、アイルランドは飢饉による苦しみを目の当たりにした。 大飢饉はアイルランドに破滅的な時代をもたらした。

ダブリンの「飢饉の像」は、この地域の素晴らしい見どころのひとつに過ぎない。

ダブリンの飢饉記念碑が建てられた時期から、その背景にある物語まで、ダブリンの飢饉記念碑について知っておくべきことをすべてご紹介します。

ダブリン飢饉記念碑について知っておくべきこと

ダブリン飢饉メモリアルへの訪問はいたって簡単だが、訪問をより楽しくするために知っておくべきことがいくつかある。

1.ロケーション

飢饉の彫像は、ダブリン・シティのドックランズにあるカスタム・ハウス・キーにあり、タルボット記念橋の近く(グーグルマップではここ)、グランド・カナル・ドックからそう遠くない。

2.過去への洞察

これらの彫像は、19世紀半ば(1845-52年)、アイルランドが100万人以上の国民を飢餓で失った、アイルランド史上最も深刻な災害を記念するものである。 死者だけでなく、数百万人以上が国外に移住し、その結果、人口は20%から25%減少した。

3.近隣の飢饉アトラクション

この時代の歴史について詳しく知るには、歩いて数分のところにあるEPIC博物館とジーニー・ジョンストン記念館を訪れよう。 記念館は、飢饉の原因やその結果もたらされたものについて本当の見識を得ることができる、より詳細なツアーに行く前に軽く見学するには良い場所だ。

ダブリンの飢饉記念館について

写真:Mark Hewitt Photography (Shutterstock)

ダブリンの飢饉記念碑は、ダブリンの彫刻家ローワン・ガレスピーによってデザイン・制作され、1997年にダブリン市に寄贈された。

ボロ布に身を包み、わずかな所持品と子供たちを抱え、アイルランドを離れる船に向かって歩く6人の等身大の人物を描いた、心を揺さぶる彫刻である。

この2つの記念碑は、より良い生活を求めて国を離れたアイルランド移民を象徴している。

ダブリンで飢饉記念碑を訪れる価値がある理由

シャッターストック経由の写真

アイルランドを初めて訪れる人の多くは、飢饉がアイルランドを襲ったときに何が起こったのかを十分に理解できない。 最も被害が大きかったのは、アイルランドの西部と南部である。

全体の人口は200万人以上減少したが(死亡者と逃亡者)、1841年から1851年の間に67%も減少した地域もあった。

原因

飢饉の主な原因はジャガイモの疫病で、多くの人々の主要な食糧源であったジャガイモの作物が壊滅した。イギリス政府が無能で、自由放任の資本主義に依存し、アイルランドからの食糧輸出を禁止しなかったことも、飢饉を悪化させた。

感染症と病気

この飢饉は、アイルランドの人口、政治、文化に恒久的な変化をもたらし、100年にわたる人口減少をもたらした。

さらなる緊張

この事件は、アイルランド人と英国政府との関係を悪化させ、民族と宗派間の緊張を高め、共和主義とナショナリズムを後押しした。 その原因と影響は、それ以来議論されている。

フェイミン・メモリアル・ダブリン周辺の観光スポット

ダブリン飢饉メモリアルの魅力のひとつは、ダブリンの名所の多くからちょっと足を伸ばせば行けることだ。

以下では、ダブリンの飢饉記念碑から目と鼻の先にある見どころやアクティビティをご紹介します(さらに、お食事処や冒険後の一杯を飲める場所も!)。

1.EPICアイルランド移民博物館(徒歩2分)

写真提供:アイリッシュ・ロード・トリップ

関連項目: ライトリム(ワイルド・アトランティック・ウェイで最も過小評価されている郡)で今日すべき17のこと

完全にインタラクティブなEPICミュージアムは、世界中を旅したアイルランド人のドラマチックで感動的な物語を案内し、アイルランドの歴史が広範囲に及んでいることや、1000万人のアイルランド移民が世界に与えた影響を発見することができる。

2.ジーニー・ジョンストン(徒歩2分)

シャッターストック経由の写真

ジーニー・ジョンストン号は、北米でのより良い生活を求めて航海に出た移民たちが直面した過酷な旅に、あなたをタイムスリップさせてくれるだろう。 船はカスタムハウス・キーに停泊しており、ツアーはまずアッパーデッキを散策し、次にロワーデッキを探検して、航海者たちがほとんどの時間を過ごした窮屈な状況を自分の目で確かめることから始まる。

関連項目: 160年以上の歴史を誇るリスドーンバーナ縁結び祭りの裏話

3.トリニティ・カレッジ(徒歩15分)

シャッターストック経由の写真

トリニティ・カレッジ(アイルランドで最も有名な学術機関)と、8世紀に書かれた古代ケルズの書が所蔵されているロング・ルームを訪れ、壮麗な庭園を散策し、周囲の知性があなたに落ち着くことを願う!

ダブリンの飢饉像に関するFAQ

ダブリンの飢饉の像は訪れる価値があるのか』から『この近くにはどんな見所があるのか』まで、長年にわたってたくさんの質問をいただいてきました。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

なぜダブリンに飢饉の像があるのか?

ダブリンの飢饉像は、1997年に制作したアーティストからダブリン市に寄贈されたものである。

ダブリン飢饉記念館はどこにある?

ダブリンの飢饉像は、タルボット記念橋にほど近いドックランズのカスタムハウス・キーにある。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。