ダブリンのマーシュ図書館(アイルランド最古の図書館)にまつわる物語を探る

David Crawford 20-10-2023
David Crawford

壮麗なマーシュ図書館はアイルランド最古の図書館で、ここを訪れるのはダブリンでの楽しみのひとつだ。

檻、弾痕、古書は、ダブリンの素晴らしいマーシュ図書館の物語のほんの一部に過ぎない!

アイルランド最古の図書館は1707年に遡り、18世紀に建てられたアイルランドで最後の建物のひとつである。

以下のガイドでは、マーシュ図書館の歴史から訪問方法、そして図書館の見どころまでを紹介している。 とても ユニークな特徴

ダブリンのマーシュ図書館について知っておきたいこと

写真はFacebookのMarsh's Libraryより

マーシュ図書館への訪問はいたって簡単だが、訪問をより楽しくするために知っておくべきことがいくつかある。

1.ロケーション

マーシュ図書館は、近くのセント・パトリック大聖堂の影、セント・パトリック・クローズにある。 セント・パトリック大聖堂も歴史に溢れているので、午後は次々と訪れてみよう!

2.営業時間と入場料

マーシュ図書館の開館時間は火曜日から金曜日が午前11時から午後5時まで、土曜日は午前10時から午後5時まで。 日曜日と月曜日は休館。 入場料は以下の通り:

  • 大人7ユーロ
  • 学生、シニア、譲歩者は4ユーロ
  • 18歳以下は無料
  • セント・パトリック大聖堂との共通券は14ユーロ。

3.本と弾痕

マーシュ図書館には、間違いなくダブリンで最も劇的な出来事の傷跡が残っている。 図書館は、1916年の有名なイースターの蜂起の間中、ライフル銃の射撃を受けていたが、4月30日(日)の朝、イギリス軍の機関銃が建物に銃弾を浴びせ、大きな被害を受けた。

4.有名な訪問者

ジョナサン・スウィフト、ブラム・ストーカー、ジェームズ・ジョイスの3人は、この図書館の門をくぐった文豪の一人にすぎない。 中央閲覧室には、スウィフトが座って大聖堂を眺めていた「スウィフトのコーナー」と呼ばれる場所もある。

マーシュ図書館の歴史

写真:James Fennell via Ireland's Content Pool

関連項目: 2023年、アイルランドで最もユニークな宿泊施設23軒(一風変わった賃貸がお好みなら)

マーシュ図書館の物語は、ナルシス・マーシュ大司教という素晴らしい名前の人物から始まる。 マーシュはイギリスの聖職者で、1679年にトリニティ・カレッジのプロボストに任命されてダブリンに移り住み、最終的に1694年にダブリンの大司教にまで上り詰めた。

初期の頃

それから間もなく、彼はセント・パトリック大聖堂の近くにマーシュ図書館の建設に取りかかった。 1707年に開館したこの図書館(このときマーシュはアーマー大司教だった)には、古典だけでなく、当時入手可能だった最新の書籍がすぐにすべて揃った。

そして、ダブリンが過去300年の間に経験したあらゆる変化や出来事を考慮すると、この建物はその時代から変わらずに本来の目的で使用されている唯一の建物なのである。

コレクションの構築と保護

これらの本は、18世紀初頭に重要な学者たちによって図書館に寄贈されたもので、非常に珍しく貴重なものである。

最初の60年間で、蔵書の10パーセント近くが行方不明になった。 そこで、檻が導入されたのだ! 1767年以降、司書が気に入らなければ、あるいは非常に珍しい本を見たいと言えば、ベイに座ることはできず、檻のひとつに閉じ込められることになった。

ミュリエル・マッカーシーは1989年に初の女性キーパーとなり、2011年に引退するまでその職を務めた。

ダブリンのマーシュ図書館を訪問

25,000冊以上の蔵書と300冊の写本があり、16世紀、17世紀、18世紀の見事なコレクションを誇っている(1501年以前の80冊を含む!)。

関連項目: 2023年、キラーニーで最高の朝食を提供する9つの場所

しかし、この歴史的スポットを訪れる理由は本だけではない。 ここは事実上タイムマシンでもあるのだ!

実際、内部はほとんど変わっておらず、オリジナルの本棚、オリジナルの閲覧机、すべての本が300年前と同じ場所に置かれている。 訪問者は事前にツアーを予約するか、図書館内をセルフガイドすることができる。

マーシュ図書館の亡霊

写真:James Fennell via Ireland's Content Pool

ゴーストバスターズ』の図書館の幽霊ほど怖くはないけどね。

真夜中に書棚を漁る老人の亡霊が目撃され、その亡霊は図書館の創設者であるナルシス・マーシュ大司教自身の姿をしているらしい。

マーシュ大司教の最愛の姪が、マーシュが認めない船長と恋に落ちたため、姪はマーシュに自分の決断を説明し、許しを請うメモを残したという話である。 しかしマーシュ大司教はそのメモを見つけられなかったため、彼の幻影はそのメモを探し求め、たびたび図書館に戻ってくる。

マーシュ図書館周辺の見どころ

マーシュ図書館を訪れる魅力のひとつは、ダブリン随一の観光スポットから少し足を伸ばせば行けることだ。

以下では、図書館からすぐ近くの見どころやアクティビティをご紹介します(さらに、お食事処や冒険の後の一杯を飲めるお店も!)。

1.セント・パトリック大聖堂

写真左:SAKhanPhotography 写真右:Sean Pavone(Shutterstock)

図書館に隣接するセント・パトリック大聖堂は、ダブリンで最も古く、最も象徴的な名所のひとつである。 1191年までさかのぼるこの大聖堂は、クライスト・チャーチ大聖堂と並ぶダブリンの2つの大聖堂のひとつである(それ自体が珍しい)。 こんなに近いのだから、訪れないのは失礼だろう!

2.ウイスキー蒸留所

写真:ディアジオ

読書と歴史の後に一杯やりたくなったら、ラッキーです!マーシュ図書館から歩いてすぐのところに、ダブリンで最も素晴らしい近代的なウイスキー蒸留所がいくつかあります。 ニューマーケットにあるティーリングス・ウイスキー蒸留所とミル・ストリートにあるダブリン・リバーティーズ蒸留所です。 彼らがどのように働いているのかを知り、最後に試飲(または数種類の試飲!)をお楽しみください。

3.料理と老舗パブ

写真左はBrazen HeadのFBより。 写真右はToners PubのFBより。

クリーミーなパイントと美味しい食事を楽しみながら、歴史的な旅を続けよう!マーシュ図書館から北へ10分ほど歩くと、ダブリンで最も古いパブ、ブラーゼン・ヘッドがある。 近くには、ダブリンで最も古いパブが他にもいくつかある。

4.市内にある無限のアトラクション

写真左:Lukas Fendek (Shutterstock) 写真右:Dublinia on Facebook

セント・スティーブンス・グリーン(St Stephen's Green)までは10分以内、ダブリニア(Dublinia)やクライスト・チャーチ大聖堂(Christ Church Cathedral)までは北へ徒歩5分です。

マーシュ図書館に関するFAQ

マーシュ図書館はどこにありますか』(セント・パトリック大聖堂の横)から『この近くにはどこがありますか』まで、何年にもわたってたくさんの質問を受けてきた。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

マーシュ図書館は訪れる価値があるのか?

100%そうだ!この場所には豊かな歴史があり、探索するには美しい建物だ。 風変わりな過去も興味深い読み物になっている。

マーシュ図書館はアイルランド最古の図書館か?

そう、この建物は1707年に遡り、18世紀に建てられたアイルランド最後の建物のひとつなのだ。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。