今日リムリックでするベストな19のこと(ハイキング、城+歴史)

David Crawford 31-07-2023
David Crawford

リムリック市内だけでなく、その周辺にも素晴らしい見どころがある!

関連項目: LouthのTermonfeckinへのガイド:観光、食事、パブ、ホテル

しかし、ワイルド・アトランティック・ウェイのすぐ近くにあるにもかかわらず、この郡は多くの人に見落とされがちだ。

ハイキング、ウォーキングから歴史的アトラクション、隠れた名所まで、リムリックの見どころを紹介する!

リムリックの楽しみ方(概要)

シャッターストック経由の写真

このガイドの最初のセクションでは、キング・ジョン城や様々なハイキング・ウォーキングなど、リムリックで最も人気のある観光スポットの概要をスピーディーにご紹介します。

ガイドの第2章では、クレア・グレンズやラフ・ガーなど、リムリックで訪れるべき具体的な場所を紹介している。

1.ウォーキングとハイキング

写真 © Ballyhoura Fáilte via Ireland's Content Pool

天気の良い日にリムリックで何をしようか迷っているなら、ラッキーです!リムリックには、家族で楽しめる散策コースから、長くてタフなハイキングコースまで、あらゆるレベルの体力に合ったコースやトレイルがあります。 ここでは、私たちのお気に入りをご紹介します:

関連項目: 3月のアイルランド:気候、ヒント、楽しみ方
  • リムリック・グリーンウェイ
  • ノックフィエルナ
  • クレア・グレン・ループ
  • キャノン・シーハン・ループ
  • カラックチェイス森林公園
  • ガルティモア
  • グレンクリスタル・ウッズ

2.リムリック・シティ

シャッターストック経由の写真

リムリック・シティは、行ったこともないし、行く予定もない人からの評判が悪い。 見どころはたくさんあるし、素晴らしいパブやレストランもある。 ここでは、リムリック・シティの注目すべき観光スポットを紹介しよう:

  • セント・メアリー大聖堂
  • キング・ジョン城
  • ミルク市場
  • トモンド・パーク
  • リムリック市立美術館
  • セント・ジョンズ大聖堂
  • ハント博物館
  • ピープルズパーク

3.史跡

シャッターストック経由の写真

リムリックは歴史に彩られた町であり、郡内を巡るとたくさんの発見があります。 ここでは、リムリックで人気の歴史的スポットをご紹介します:

  • デスモンド城アデア
  • グレンクリスタル修道院
  • カリゴガンネル城
  • 条約ストーン
  • フォインズ博物館
  • ラフ・ガー

4.町と村

シャッターストック経由の写真

リムリックの様々なホテルを探す前に、ドライブ旅行の拠点を選ぶのに時間を割く価値があります。 ここでは、リムリックの様々な見どころを巡るのにお勧めの町や村をご紹介します:

  • キルフィネーン
  • アデア
  • キャッスルコネル
  • マーロー
  • ニューカッスル・ウェスト

5.パブとレストラン

写真はマイルス・ブリーンズのFBより

リムリックのフードシーンは活気に満ちており、斬新な飲食店が次々とオープンしている。 また、以下のようなお店もある。 幾つも 何十年もの間、お腹を満足させ続けてきた老舗の人気店。 ここでは、その食べ物と飲み物のガイドを紹介しよう:

  • リムリックの伝統的なパブ11選
  • 2022年、リムリックの最高級レストラン16選
  • リムリックで最高の朝食を提供する9つのスポット
  • リムリックで人気のアフタヌーンティー・スポット8選

リムリックを徒歩で観光するなら?

写真提供:True Media (Sean Curtin) via Tourism Ireland's Content Pool

以下のセクションでは、リムリック市内とその近郊のアクティブな楽しみ方をご紹介します。

以下では、リバー・ウォークや長距離ハイキングから、天気の良い朝にリムリックで何をしようか迷っている人のための便利なオプションまでご紹介します。

1.クレア・グレンズ・ループ

シャッターストック経由の写真

クレア・グレンズ・フォレストは、リムリックとティペラリーの国境にまたがる美しいスポットだ。

クレア・グレンズ・ループ(4km/1~1時間半)とネイチャー・ループ(2km/45分)の2つのコースがあり、どちらも手つかずの自然に浸れる。

クレア・グレンズのハイライトは間違いなく滝であり、散策しながら滝に出会うことができる(散策ガイドはこちら)。

2.様々なバリーホラ散策

写真提供:Ballyhoura Fáilte via Ireland's Content Pool

アイルランドの壮大なバリーホラ地方は、リムリック、コーク北東部、ティップ西部に広がっており、トレイルや史跡、魅力的な町がたくさんある。

Ballyhoura Walksガイドでは、手軽なコースからハードなコースまで、様々なコースをご紹介します。

リムリック側では、ブラックロック・ループ、グリーンウッド・トレイル、ネイチャー・トレイルなどが人気のコースだ。

3.キヤノン・シーハン・ループ

写真© Ballyhoura Fáilte via Ireland's Content Pool

キヤノン・シーハン・ループも、リムリックでの楽しみ方を探している人にはうってつけの散策コースだ!

グレンアネアの森をめぐる中程度の難易度のトレイルは、市内から車で数時間かかるが、行く価値はある。

全長7km、所要時間約2時間半のこのコースでは、ブラックウォーター渓谷、ナグル山群、ノックメアルダウン山群など、息をのむような絶景を楽しむことができる。

4.カラックチェイス森林公園

シャッターストック経由の写真

アデアから15分ほど走ったキルコーナンに、313ヘクタールの広さを誇るカラーチェイス森林公園がある。

湖や公園、たくさんのトレイルがあり、美しく整備された森林地帯を楽しむことができる。

子供と一緒にリムリックで気軽に楽しめることをお探しなら、レイク・トレイルは15分/2.4km、グレニスカ・トレイル(3.5km/1時間)はもっと長い距離を歩きたい方にお勧めです。

5.ノックフィエルナのハイキング

写真はIGの@justcookingieによる。

妖精の丘」として知られるノックフィエルナは、ウォーカーに眺望、伝承、さまざまなトレイルを提供している。 市内から40分ほどで、晴れた日の早朝ハイキングには絶好のスポットだ。

ここのトレイルは25分から2時間半のもので、その多くがランブリングハウスの近くからスタートする。

天気が良ければ、リムリック州、南ティペラリー州、北ケリー州を360度見渡すことができる。

6.ラフ・ガー

写真提供:Shutterstock

アイルランドで最も重要な遺跡のひとつであるラフ・ガーには、アイルランド最大のストーンサークルがある。

この地域は歴史に彩られており、新石器時代、青銅器時代、鉄器時代、初期キリスト教時代、中世、近世、近代の居住を示す物的証拠がラフ・ガーとその周辺に残されている。

ビジター・センターでオーディオ・ガイドを購入することもできる。

関連記事 2022年、アイルランドのシャノンでのベスト・プランをご覧ください。

7.リムリック・グリーンウェイ

写真提供:True Media (Sean Curtin) via Tourism Ireland's Content Pool

リムリック・グリーンウェイは、リムリックからトラリーまでの40kmの鉄道線路に沿っており、数カ所で合流することができる(全区間を走りたい場合は、ラスキールかアビーフィールのどちらかからスタートしよう)。

サイクリングには3時間半ほどかかり、ペースにもよるがウォーキングには10時間ほどかかる。

リムリックで最も人気のある観光コースのひとつであることには、それなりの理由がある!

リムリックの見どころ

シャッターストック経由の写真

次のセクションでは、リムリック市での最高の楽しみ方についてご紹介します。

お城や大聖堂から、雨の日のリムリックでのアクティビティまで、リムリックの見どころをご紹介します。

1.キング・ジョン城

シャッターストック経由の写真

強大なキング・ジョン城への訪問は、リムリック市での人気観光スポットのひとつだ。

キング・ジョン城はアイルランドで最も印象的な中世の城のひとつだ。

800年以上にわたるドラマチックな歴史は、リムリック市のキングス・アイランドの中心で頂点に達し、キング・ジョン城が誇らしげに建っている。

西暦922年、ヴァイキングの到来にまで遡るこの城を訪れれば、最新の解説アクティビティや展示、21世紀のタッチスクリーン技術、3Dモデルなどを通じて、その歴史にどっぷりと浸ることができる。

2.ミルク市場

写真はFBのカントリー・チョイスより

リムリックにはたくさんのレストランがあるが、私たちはこの街を訪れるたびにミルク・マーケットを訪れる。

アイルランドで最も古いマーケットのひとつで、その歴史は少なくとも19世紀初頭まで遡る。

ここでは、美術品や工芸品、さまざまな飲み物、焼き菓子、おいしいお菓子、衣料品、特産品など、あらゆるものを売る露店が並ぶ。

3.セント・メアリー大聖堂

シャッターストック経由の写真

セント・メアリー大聖堂は850年以上前の西暦1168年に創建され、シャノン川のほとりにあるリムリック市を見下ろすように堂々と建っている。

セント・メアリーズは、ヴァイキングのシンモテ(集会所)の跡地に建てられ、後にトモンドのオブライエン王の宮殿になったと信じられている。

この驚異的な建物は、侵略、包囲、戦い、戦争、飢饉、そして平和の時代を通して力強く立ってきた。

4.ハント博物館

写真:ブライアン・モリソン(アイルランドのコンテンツプール経由

リムリック市内で雨天時の観光スポットをお探しなら、ハント博物館は立ち寄る価値がある。

博物館には、ジョン・ハントとガートルード・ハントが収集した無数のオリジナル工芸品と、博物館独自のコレクションが保存・展示されている。

アイルランド先史時代の考古学的資料から、パブロ・ピカソ、ピエール・オーギュスト・ルノワール、ロデリック・オコナー、ジャック・B・イェイツ、ロバート・フェイガン、ヘンリー・ムーアの美術品まで、あらゆるものが見つかるだろう。

5.条約ストーン

シャッターストック経由の写真

トリーティ・ストーンはリムリックのユニークな観光名所のひとつで、ここに長く滞在することはできないが、この石にまつわる物語を理解する価値は十分にある。

1691年、この石にリムリック条約が記され、リムリック市をオレンジ公ウィリアムに明け渡した。

両軍は近くのトモンド橋のクレアエンドから条約調印を見守った。

6.リムリック市立美術館

写真はFBのリムリック・シティ・ギャラリー・オブ・アートより

リムリックで何をしようか迷っている文化愛好家にとって、素晴らしいリムリック・シティ・ギャラリー・オブ・アートは外せない。

ここでは、国内外のアーティストの現代アートが展示されている。

ギャラリー自体は、ピープルズ・パークの敷地内にあるカーネギー・ビルの中にある。

7.セント・ジョンズ大聖堂

シャッターストック経由の写真

セント・ジョンズ大聖堂は、アイルランドで最も高い尖塔(266フィート)を誇る印象的な建物だ。 1856年に遡り、「ゴシック・リバイバル」様式で設計・建築された。

内部には、1984年にミュンヘンで作られた司教の玉座、リムリック産の大理石で作られた祭壇、巨大な木製オルガンなどがある。

リムリックの人気観光スポットをもっと

写真:ブライアン・モリソン(アイルランドのコンテンツプール経由

このガイドの最後のセクションには、リムリックでの楽しみ方がまだまだ満載!上記のカテゴリーに当てはまらないものばかりで、どこに貼り付けるか迷ってしまいました!

以下では、お城や森から屋内アトラクション、そしてリムリックのちょっと変わった観光スポットまでをご紹介します。

1.日帰り旅行

シャッターストック経由の写真

リムリックの魅力のひとつは、アイルランドで最も人気のある観光スポットの多くに近く、日帰りで多くの場所を訪れることができることだ。

ここでは、ネット上で素晴らしい評価を得ているオーガナイズド・トリップを紹介しよう(アフィリエイト・リンク):

  • リムリック発リング・オブ・ケリー1日ツアー
  • リムリック発アラン諸島+モハーの断崖日帰りツアー
  • リムリック発ディングル日帰りツアー

2.デスモンド城アデア

写真提供:Shutterstock

アデアにあるデスモンド城は12世紀に建てられ、現在は廃墟となっている(それでもリムリックで最も印象的な城のひとつだ!)。

アデアのヘリテージ・センターからバスが出ている)城のツアーに参加すれば、この地域の過去に浸ることができる。

ツアーでは、ノルマン人の到着から中世に至るまで、アデアの起源について学ぶことができる。

3.グレンクリスタル修道院

シャッターストック経由の写真

グレンクリスタル修道院は1830年代に建てられ、現在はベネディクト会修道院となっている。 修道院のレセプションでは毎日10:30に訪問者を歓迎し、紅茶やコーヒー、自家製スコーンが振る舞われる。

歴史に興味がなくても、敷地内の6kmのウォーキングに挑戦する価値はある。 トレイルは2~3時間かかり、歩き終わったらマーローで食事ができる。

4.カリゴガンネル城

シャッターストック経由の写真

現在のCarrigogunnell城は1450年に建てられたものだが、この場所に城があったという記録は1209年まで遡る。

上に見える廃墟は、1691年の第2次リムリック包囲戦で占領された後の終焉を物語っている(注意-たどり着くのは難しい)。

キャンドルの岩」を意味するカリゴガンネルという名前は、かつてこの城に毎晩キャンドルを灯すババアが住んでいたことから付けられたと言われている。

伝説によれば、炎を見ると夜明け前にこの世を去るという!

5.フォインズ博物館

写真:ブライアン・モリソン(アイルランドのコンテンツプール経由

フォインズ飛行艇博物館も、雨のリムリックで何をしようか迷っている人には便利なオプションだ!

市内から45分の距離にあるこの博物館は、航空博物館と海洋博物館を併設している。 地球上で唯一のB314飛行艇のレプリカから、パドルボード汽船のキャビンまで、さまざまなものを見学することができる。

また、アイリッシュ・コーヒー・ラウンジがあり、ここで最初のアイリッシュ・コーヒーが淹れられたと言われている。

6.グレンクリスタル・ウッズ

シャッターストック経由の写真

グレンスタールの森は、スリーブ・フェリム山脈の端にあり、長く歩き応えのあるウォーキングが楽しめる。

グレンスタル・ウッズ・ウォーク(Glenstal Woods Walk)は、全長15km、所要時間約4時間のトレッキングコースで、最高地点では素晴らしい眺望が楽しめる(キーパー・ヒル(Keeper Hill)に注目!)。

バードウォッチングの人気スポットでもあり、上空にはヘン・ハリアーという猛禽類がしばしば姿を現す。

リムリックの楽しみ方:私たちはどこを見逃したのか?

上記のガイドから、リムリックの素晴らしい観光スポットが意図せず漏れていることは間違いない。

お勧めの場所があれば、下のコメント欄で教えてください!

リムリックの見どころに関するFAQ

リムリックの珍しい観光スポットはどこか』から『家族連れには何がいいか』まで、長年にわたってたくさんの質問をいただいてきました。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

リムリックの見どころは?

リムリックのトレイルは見落とされがちだ。

リムリックの観光スポットといえば?

BallyhouraやCurraghchase、Glenstal Woods、Glenanair Forestなど、リムリックには風光明媚な場所がたくさんある(上記参照)。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。