ダブリンで最高のカクテルバー12選(今夜は食事+ドリンクで)

David Crawford 31-07-2023
David Crawford

ダブリンのカクテルバーといえば、たくさんある。

しかし、どのカクテルがパンチが効いていて、どのカクテルは遠慮した方がいいのだろうか? このガイドでは、ダブリンで最高のカクテル・バーをあなたの舌にご案内しよう。

何しろ、彼らはそれに値するのだから! 首都には近年、トレンディなカクテル・バーが続々と誕生し、その多くがネット上で絶賛されている。

以下のガイドでは、ダブリンで最高のカクテルを提供するバーやレストランを紹介している。

どこで 我々 ダブリンで最高のカクテルを提供すると思う

写真はステラ・カクテル・クラブのFacebookより

アイリッシュ・ロード・トリップ・チームが実際にダブリンを訪れ、気に入ったカクテルを紹介する。

ステラ・カクテル・クラブやBAR1661からデラハントのシッティング・ルームまで、さまざまなお店をご紹介しよう。

1. BAR 1661

写真はBAR1661のFacebookより

バー1661(グリーン・ストリート)は、数あるダブリンのカクテル・バーのなかでも最高だと私たちは考えている。 2019年にオープンしたこの店は、アイリッシュ・クラフト・カクテル・アワードで、アイルランド最優秀カクテル・バーを含む5つの賞を受賞した。

バー1661は、アイルランドのすべての郷土酒に敬意を表しており、特にポワチンは伝統的に大麦をつぶして作る蒸留酒だが、他の穀類や穀物、乳清、甜菜糖、糖蜜、ジャガイモなどからも作ることができる。

ウイスキー、コーヒー、クリーム、ナツメグから作られるアイリッシュ・コーヒーや、ブルーベリー・ポワティン、ライチ、レモンバーベナ、アマーロから作られる発泡性のハルストンStなどがある。

2.デラハントのシッティング・ルーム

写真はデラハントのシッティング・ルームのFacebookより

デラハントは、ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』に登場することで有名だ。"ポートワイン、シェリー酒、キュラソーなど、私たちが正当な評価を下したものを大量に並べた。 猛烈なスピードだった"。

シッティング・ルームはデラハントのカクテル・バーで、カムデン・ストリートを見下ろす印象的な出窓、レトロな家具、特注の木製パネルなど、本物のミッドセンチュリーを感じさせる。

また、1950年代から60年代の雰囲気を再現したクラフトカクテルの材料も用意されている。 スレーンウイスキー、ルイボス、発酵パイナップルを使ったウイスキーパンチや、ロングヴィル・アイリッシュアップルブランデー、メープルシロップ、チョコレートを使ったアップルファッションドを試してみてはいかがだろうか。

関連項目: クリフデン近郊のベストビーチ11選

関連記事 ダブリンで最高のギネスが飲めるパブ13選(有名店から隠れた名店まで)。

3.ペルーク&ペリウィグ

写真はPeruke & Periwig on Facebookより

ダブリン2区のドーソン・ストリート31番地にあるPeruke & Periwigは、ダブリンでよく知られたカクテル・バーのひとつで、週末は混み合う。

年中無休で営業している1階のバーでは、生ビール、瓶入りクラフトビール、ウイスキー、ワインに加え、素晴らしいカクテルを豊富に取り揃えている。

ケテル・ワン・シトレオン・ウォッカ、クレーム・ド・ミュール、キャラメル、レモン、リンゴ、パイナップル・ジュースを合わせた「Smells Like Teen Spirits Appletini」など、クラシックなカクテルが変身した。

4.ステラ・カクテル・クラブ

写真はステラ・カクテル・クラブのFacebookより

ステラ・カクテル・クラブは、ダブリンで最もユニークなカクテル・バーのひとつ。 ラスマインズのステラ・シネマに併設され、姉妹店のヴィンテージ・カクテル・クラブと同じ内装、雰囲気、高級感がある。

ガラス張りの吹き抜けと正面に面した大きな窓から自然光がたっぷり入り、屋外テラスでカクテルを楽しむこともできる。

ご想像の通り、フレンチ・マティーニ(アブソルート・ウォッカ、シャンボール、ストロベリー、パイナップル)やヘミングウェイなど、映画にインスパイアされたカクテルが楽しめる。 ダブリンでデートのアイデアをお探しなら、この店は最高の選択肢だ。

ダブリンでの食事とカクテルの素晴らしい選択肢

ダブリンでお気に入りのカクテル・バーがわかったところで、次はダブリンで他にどんなカクテル・バーがあるのか見てみよう。

以下に、ダブリンでカクテルと食事を楽しむための素晴らしい選択肢をいくつか紹介する。

1.ミント・バー

写真はダブリンのミント・バーのFacebookより

ウェスティン・ダブリン・ホテルの一角にあるミント・バーは、かつて銀行の金庫室だった場所にあり、ミクソロジストがヴィンテージの技術と現代のイノベーションを融合させ、感動的なドリンクを生み出している。

ジャズ・ミュージシャンが演奏し、周囲の環境も素晴らしく、なかなか離れがたい場所だ......ホテルには特別オファーがたくさんあるので、長い週末とカクテル・バーの訪問を組み合わせるのもいいだろう。

ダブリンで食事とカクテルを楽しむなら、ウェスティンホテルには、ミント・バーへ行く前に豪華な食事を楽しめるダイニング・オプションがいくつかある。

2.ヴィンテージ・カクテル・クラブ

写真はヴィンテージ・カクテル・クラブのFacebookより

上記のステラ・カクテル・クラブの姉妹店であるヴィンテージ・カクテル・クラブは、ダブリンの賑やかなテンプル・バーの中心にある、静寂とカクテルのオアシスだ。

ルーフテラスを含む3階建てで、1920年代のシックな装身具、アンティークの家具、燃え盛る炎、壁のアートワークを体現しており、国内最高のカクテルバーのひとつとして認められている。

カクテルが本当にお好きなら、カクテル・マスタークラスを予約してみてはいかがだろう。熟練のミクソロジストが、ご自宅でオリジナル・カクテルを作るのに必要な知識を教えてくれる。 ヘン・パーティーや、友人との一味違ったナイト・アウトにぴったりだ。

3.ソフィーズ

写真:ソフィーズ(ウェブサイト&インスタグラム)

ソフィーズ(Sophie's)は、ダブリンで食事とカクテルを楽しむなら間違いなく最も人気のある場所のひとつだが、それには理由がある。

朝食、ランチ、ディナー、週末にはブランチも楽しめる。

マッド・ティン・カクテルは、ハバナ・ラム、ライム、パッションフルーツ、ティン・グレープフルーツ・ソーダで、シダーズ・ローズ、クランベリー・ジュース、ライム・ジュース、ライチ、クランベリー・ビターズで作ったコスモ・ペタルなどのノンアルコール・メニューもある。

4.ピシェ

写真はFacebookのPichetより

ピシェはレストラン兼カクテル・バーで、ネグローニ(タンカレー・ジン、カンパリ、カルパノ・アンティカ・フォーミュラ)やアペロール・スプリッツ(アペロール、プロセッコ、ソーダ水)など、クラシックなテイストのモダン・カクテルを提供している。

このレストランはミシュランのビブ・グルマンを獲得しており、フランス料理の影響をモダンなアイルランド料理に融合させている。メイン料理には、子羊のロースに子羊の脂肪入りポテトと焦がしたベビー・ジェム・レタスを添えたものや、子豚にブラック・プディング、カリフラワー、エンダイブを添えたものなどがある。

特別な日にふさわしいダブリンのカクテル・バーをお探しなら、Pichetで夜を過ごせば間違いない。

その他、ネット上で絶賛されているダブリンの人気カクテルバー

ダブリンのカクテル・バー・ガイドの最後のセクションでは、ネット上で絶賛されているその他のスポットを紹介する。

以下では、「9 Below」のような隠れた名店から、「Bow Lane Social Club」や「Farrier & Draper」のような、ダブリンで食事やカクテルを楽しめる人気の店までを紹介する。

1.No.5ピアノ&ランプ、カクテル・バー

写真提供:No.5 Piano & Camp; Cocktail Bar

セント・スティーブンス・グリーン(メリオン・ロウ)の近くにあるNo.5 Piano & Camp; Cocktail Barでは、金曜と土曜の夜に生演奏を聴くことができる。

カクテルだけでなく、スペイン産のワインやカヴァもあり、飲み物と一緒に食事を楽しみたい人にはタパスも用意されている。 客は店の雰囲気とスタッフの親しみやすさを絶賛している。

2.ボウ・レーン社交クラブ

写真はボウ・レーン・ソーシャル・クラブのFacebookより

ボウ・レーン・ソーシャル・クラブでは、ダブリンで最も人気のあるボトムレス・ブランチを提供しており、料理もカクテルもパンチが効いている。

ボトムレス・ブランチは毎週金、土、日曜日に開催され、甘いメロンと酸味のあるリンゴにプロセッコをトッピングしたボウ・レイン・フィズなどのボトムレス・ドリンクが25ユーロで楽しめる。

関連項目: メイヨーのキャッスルバーで(そして近郊で)する価値のある12のこと

お酒のお供には、フエボス・ランチェロス、黒目豆入り目玉焼き、チョリソ、ワカモレ、コーントルティーヤなどから選べる。

ダブリンのカクテル・バーを友人との午後のお出かけ用に探しているなら、ボウ・レーンは検討に値する。

3.ファリアー&ドレーパー

写真はFarrier & Draperのインスタグラムより

サウス・ウィリアム・ストリートにあるFarrier & Draperは、アール・デコ調の調度品でいっぱいのジョージアン様式の2つの部屋があり、毎週末は午前2時半まで営業している。

カクテルとクラフト・ビールの専門店で、ハウス・カクテルとクラシック・カクテルの試飲ができる。 スパイス・バッグ・マルガリータは、チリ・テキーラ、コアントロー、ライム・ジュース、シュガー・シロップ。

カクテルのマスタークラスに参加したい場合は、バーの経験豊富なミクソロジストによる個人レッスンがパッケージに含まれており、イタリアのタパス風カナッペを追加したり、レストラン「ラ・クチーナ」での食事を予約することもできる。

関連記事 ダブリンで最も古いパブ7軒のガイドをご覧ください。

4.9以下

写真は9 Below BarのFacebookより

9 Belowは間違いなくダブリンで最も見過ごされているカクテルバーのひとつで、歴史的なStephen's Green Hibernian Clubの元地下室にあり、美味しい一杯を飲みながらくつろげる4つの小部屋を提供している。

ショーストッパー・カクテルには、アップル・ボトム(ケタル・ワン・ピーチ&オレンジ・ブロッサム、サワー・アップル・リキュール、クラリファイド・アップル、エルダーフラワー)とサマンサ(ケタル・ワン・グレープフルーツ&ローズ、コアントロー、クラリファイド・オレンジ、クランベリー)がある。

ダブリンのカクテルバー:どこを見逃した?

上記のガイドから、ダブリンで食事やカクテルを楽しむのに最適な場所を、意図せず除外してしまったことは間違いないだろう。

もしお勧めの場所があれば、下のコメント欄で教えてください!

ダブリンの食事とカクテルのベストスポットに関するFAQ

ダブリンで一番おしゃれなカクテルバーはどこですか』から『ダブリンで食事とカクテルを楽しめるユニークなスポットはどこですか』まで、長年にわたってたくさんの質問を受けてきました。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

ダブリンでおすすめのカクテルバーは?

私たちの意見では、Peruke & Periwig、The Sitting Room at Delahunt、BAR 1661がダブリン最高のカクテルバーだ。

ダブリンで食事とカクテルが楽しめるクールなスポットは?

ソフィーズ(Sophie's)、No.5ピアノ&ランプ(No.5 Piano & Cocktail Bar)、ザ・シッティング・ルーム(The Sitting Room)、そしてピシェ(Pichet)は、ダブリンで最もクールな食事とカクテルの店である。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。