ヴァレンティア島でする価値のある13のこと(+食べる場所、寝る場所、飲む場所)

David Crawford 27-07-2023
David Crawford

ヴァレンティア島は、スケリッグ・コーストで最も秘匿された島のひとつかもしれない。

ケリー州の南西沖に位置し、アイルランド最西端のひとつである。

ヴァレンティア島には、ハイキングや崖の散策、歴史、グルメなど、見どころがたくさんあります。

ヴァレンティア島について知っておくべきこと

写真:Kevin George (Shutterstock)

ケリーのヴァレンティア島を訪れるのは簡単でいいことだが、この島をより楽しむために知っておくべきことがいくつかある。

1.ロケーション

ヴァレンティア島は、ケリー州南西海岸のイヴェラーグ半島沖に位置する。 約12km×5kmと比較的小さな島で、主な集落はナイトスタウンを中心とする2、3の村だけである。

2.ポートマギーから島へのアクセス

ポートマギーの町からヴァレンティア島と本土を結ぶ橋があり、村から島までは車で1分ほどの距離だ。

3.ケアシヴィーン近くからのフェリー

キャヘシビーン近くのリーナードからヴァレンティア島フェリーに乗ることもできる。 海を渡るのに5分ほどしかかからず、ヴァレンティアのナイトスタウン村に着く。

ケリーのヴァレンティア島での楽しみ方

写真:mikemike10/shutterstock

ケリーのヴァレンティア島には、史跡やウォーキング・コースからアイルランド随一の眺望まで、驚くほど多くの見どころがある。

オーケー...何が 間違いなく 以下では、島での食事や宿泊場所とともに、おすすめの観光スポットをご紹介しよう。

1.ジオカウン山とフォガークリフ

シャッターストック経由の写真

ケリーでの一番の楽しみは、ジオカウン・マウンテンとフォガー・クリフからの眺めを満喫することだ。

ここの崖は島で一番高いところにあり、360度の眺望を楽しむには絶好の場所だ。

山や崖へのアクセスは、車でも徒歩でも可能だ。 めちゃめちゃ ここは険しいので、歩くつもりならそれなりの体力が必要だ)。

山頂を含むさまざまなビューポイントに4つの駐車場があるほか、ゆっくりとしたペースで景色を眺めるために短いウォーキングを楽しむこともできる。

ヴァレンティア島での私たちの楽しみのひとつは、日が落ち始めた頃にここに到着することだ。 この景色はこの世のものとは思えない。

2.ブレイ・ヘッド・ウォーク

シャッターストック経由の写真

ブレイ・ヘッド・ウォークは、かつてはループ状のトレイルだったが、現在は往復するだけ!島の南西端にある海岸沿いのブレイ・ヘッドまで、4kmの適度なウォーキングコースだ。

このコースには、スケリッグ・マイケルの素晴らしい景色を眺めることができるブレイ・タワーへの地道な登りも含まれている。

タワー自体はナポレオン戦争中の1815年にイギリス軍によって建てられ、第二次世界大戦中は海軍の信号所として使用された。

約1時間半のウォーキングは、露出した崖にさえ気をつければ、家族全員に最適だ。

3.ヴァレンティア島ビーチ

写真提供:ヴァレンティア島ボートハウス

グランスリーム・ビーチへの訪問は、ヴァレンティア島でのユニークな楽しみのひとつである。

駐車場がなく、オフシーズンに訪れない限り、車で行くには悪夢のような場所だからだ。

灯台の近くにあり(灯台までの見逃しやすいルートはこちら)、小さな小道を通って行く。

4.ヴァレンティア・アイスクリーム

写真はヴァレンティア・アイスクリームのFBより

ヴァレンティアのアイスクリーム・パーラーは、デーリー農場にもともとあった搾乳パーラーの中にあり、ポートマギー海峡を見下ろすことができる。

糖分補給と散策の休憩をお望みなら、ぜひ立ち止まって手作りの味をいくつか選んでみてほしい。

5.ヴァレンティア大西洋横断ケーブル駅

ヴァレンティア島は、150年以上前にカナダのニューファンドランドとの間に最初の大西洋横断電信ケーブルが敷設された場所である。

1966年まで運営されたが、人工衛星の優位性が証明されたため、1966年を最後に閉鎖された。

現在では、大西洋横断ケーブル・ステーションを訪れ、この島が大陸間通信の歴史において果たした驚くべき役割について学ぶことができる。 場所はナイトスタウンのプロムナード。

6.ヴァレンティア灯台

シャッターストック経由の写真

ヴァレンティア島灯台は、島の北端にあるクロムウェルズ・ポイントにあり、旅行中に必ず訪れるべき場所だ。 灯台は1841年に初めて開設され、灯台守とその家族1人が常駐していた。

1947年以来、灯台は自動化され、非常勤の係員が見守るだけだ。 灯台からの眺めは荒波を見下ろす絶景で、一見の価値がある。

7.スケリッグ・エクスペリエンス・センター

写真提供:ブライアン・モリソン(アイルランドのコンテンツプール経由

雨の日にヴァレンティア島で何をしようか迷っているなら、スケリッグ・エクスペリエンス・センターに行こう。

このセンターはスケリッグ修道士に捧げられたもので、彼らの生涯と時代に関する展示がある。 雨の日の午後に訪れるには最適の場所だ。

特にスケリッグ・ボート・ツアーに参加しようと思っていたのに、キャンセルされてしまったという場合はなおさらだ。 センターにはクラフトショップや海の見えるカフェもあり、楽しむことができる。

8.ナイトズタウンの居心地の良いパブ

写真はロイヤル・ヴァレンティア・ホテル・ナイトスタウンのFacebookより

ナイトズタウンはヴァレンティア島の中心的な町で、国内でも数少ない「計画的」な村のひとつである。 1840年代に建設され、当時のままの建物が町の風格を高めている。

もちろん、パブでくつろぐ夜も悪くない。 ナイトズタウンのロイヤルホテルは、パブの雰囲気が最高で、素晴らしい食事と飲み物が楽しめる。

9.ヘリテージ・センター

写真はヴァレンティア島ヘリテージ・センターのFBより

関連項目: アイルランドでやってはいけないこと:覚えておきたい18のヒント

ナイトズタウンにある島のヘリテージ・センターでは、1人わずか数ユーロでタイムスリップすることができる。

この村の博物館は古い校舎を利用したもので、島の変遷に関する展示もある。

特に海洋生物や島に建設された大西洋横断ケーブルに関する展示が充実している。 島の旅を始めるには最適の場所だ。

天候が不安定なときにヴァレンティア島ですることを探している人には、これもいい選択肢だ。

10.ヴァレンティア・スレート採石場ツアー

写真はヴァレンティア島スレートのFBより

スレート採石場は、1816年の開場以来、現役の採石場である。 パリのオペラ座やロンドンの国会議事堂、王室御用達のビリヤード台などに使われる高品質のスレートで最もよく知られている。

この採石場には、採石場の壁面に造られた美しい洞窟もある。 それ以来、島の観光コースの人気スポットとなっている。

ここの採石室は印象的な光景で、ツアーではこれらの古い作業スペースを見学し、19世紀半ばに採石場がどのように機能していたかを知ることができる。

11.四肢動物の足跡

写真:フランク・バッハ(Shutterstock)

ヴァレンティア島には歴史ファン向けの見どころがたくさんあるが、テトラポッド・トラックウェイに匹敵するものはほとんどない。

この痕跡は3億5000万年前にまでさかのぼると考えられており、その重要性から国際的にも有名である。

これは、4本足の両生類が陸地を移動し、水中から地上へ移行したことを示す、確実に年代を特定できる最古の証拠である。

島の北端にある刻印は、岩に降りる小道を通って訪れることができる。

12.ウォータースポーツ

写真はヴァレンティア・アイランド・シー・スポーツのFacebookより

ヴァレンティア島で友人と楽しめることを探しているなら、これはあなたの心をくすぐるはずだ!

どんなウォータースポーツをやってみたい人でも、ヴァレンティア島には誰でも楽しめるオプションがある。

夏の間、ナイトズタウンにあるヴァレンティア・アイランド・シー・スポーツでは、サマーキャンプ、セーリングコース、ティーン向けアドベンチャー、カヤック、ロッククライミング、ウォータートランポリンなど、あらゆる年齢の人たちが体験できるプログラムが用意されている。

13.アルタザムス・ウォーク

グーグル・マップ経由の写真

アルタザムース・ウォークは、ナイトタウンのジェーン・ストリートにあるアルタザムース・ストーンのレプリカから、クラコウ・パーク、そして無原罪の御宿り教会に隣接する海岸へと下っていく。

この石にまつわる話によれば、1844年に測定された経線を確認するための画期的な実験が1862年に行われた場所を示すために、オリジナル版が置かれたのだという。

オリジナルは風雨にさらされて傷んでいたが、この島が歴史上果たした重要な役割を誰もが訪れて学べるようにと、町はレプリカを作った。

バレンチア島のホテルと宿泊施設

写真はBooking.com経由

ヴァレンティア島専用の宿泊施設ガイドをご用意していますが、以下に概要をご紹介します。

注:以下のリンクから宿泊を予約された場合、私たちは以下のようなサービスを提供します。 かもしれない このサイトを維持するために、少額の手数料をいただいています。 余分な費用はかかりませんが 本当に 感謝している。

1.ホテル

島にあるホテルはロイヤル・ヴァレンティア・ホテル(Royal Valentia Hotel)だけだが、パブの雰囲気もよく、部屋も洗練されている。 ナイトタウンのど真ん中にあり、フェリーから徒歩3分という絶好のロケーションだ。

2.ゲストハウスとBB

ホテルの代わりになるゲストハウスやB&Bはたくさんある。 居心地の良いキャビンから大きな家まで、さまざまな人に合った選択肢がある。 お勧めがあれば、試してみてほしい:

  • カルコテージ
  • クアス・ア・ガムナ
  • ホライゾンビュー・ロッジBnB
  • ボス・ファームハウス・オン・ザ・スケリッグス・リング

3.キャンプ

ヴァレンティア島キャラバン&キャンピング・パークには、テント、モーターホーム、キャラバン用のピッチがあり、トイレ、シャワー、ランドリー施設、キッチンエリア、子供用のプレイエリア、ドッグフレンドリーなポリシーなど、充実した設備が整っている。

ヴァレンティア島のパブとレストラン

写真はザ・コーヒー・ドックのFacebookより

冒険の後の一杯や、長い一日の探検の後、巣に入る前に手早く食事を済ませたいなら、ラッキーだ。

関連項目: 1916年のイースター蜂起:事実と年表による5分間の概要

アイルランドのヴァレンティア島は小さな島だが、パブではパンチが効いている。 以下に、お気に入りの飲食店を紹介しよう。

1.ボストンズ・バー

ここはナイトズタウンにある伝統的なアイリッシュ・パブで、食事と一杯飲むのに最適な場所のひとつだ。 ピザからシーフードまで、メニューには素晴らしい選択肢があり、島で最高の一杯を出す店としても知られている。

2.コーヒー・ドック

コーヒーとケーキが食べたくなったら、ナイトズタウンの海沿いにあるこの小さなスポットへ。 フェリーが通り過ぎるのを見たり、ウォータースポーツに挑戦する人たちを眺めながら、朝の一杯に舌鼓を打つことができる。 毎年6月から9月まで営業している。

3.ザ・リング・ライン

チャペルタウンにあるこの家族経営のバー&レストランは、地元の人にも観光客にも人気の場所だ。 島の真ん中にあるこの素晴らしいスポットで、伝統的なアイルランド料理と一杯のパイントを歓迎するスタッフからいただくことができる。

ケリーのヴァレンティア島での楽しみ方に関するFAQ

島へはどうやって行くのですか』から『何をするのですか』まで、何年にもわたってたくさんの質問を受けてきた。

もし、私たちが扱っていない質問があれば、下のコメント欄でお尋ねください。

ヴァレンティア島は訪れる価値があるのか?

ヴァレンティア島は、スケリッグ・コーストの秘境中の秘境と言えるかもしれない。 ケリー郡の南西沖に位置し、アイルランド最西端のひとつである。 魅力的な歴史、美しい景観、興味深い文化的シーンを併せ持つこの島は、イヴェラーグ半島を訪れるのに最適な場所である。

ヴァレンティア島には何がある?

ブレイ・ヘッド・ウォーク、ジオカウン山、ヴァレンティア島ビーチ、スケリッグ・エクスペリエンス・センター、スレート・ツアー、ウォータースポーツなどなど。

ヴァレンティア島への行き方は?

ポートマギーの橋を通って車で島に入るか、カーシビーン近くのリーナードからカーフェリーに乗ることができる。

David Crawford

ジェレミー クルーズは、アイルランドの豊かで活気に満ちた風景を探索することに情熱を持った、熱心な旅行者であり冒険を求める人です。ダブリンで生まれ育ったジェレミーは祖国との深いつながりがあり、その自然の美しさと歴史的宝物を世界と共有したいという願望を強めています。隠された宝石や象徴的なランドマークを発見するために数えきれないほどの時間を費やしてきたジェレミーは、アイルランドが提供する素晴らしいロードトリップや旅行先についての幅広い知識を獲得しました。詳細かつ包括的な旅行ガイドの提供に対する彼の献身は、誰もがエメラルド島の魅惑的な魅力を体験する機会を持つべきであるという彼の信念によって動かされています。既製のロードトリップを作成するジェレミーの専門知識により、旅行者はアイルランドを忘れられないものにする息を呑むような景色、活気に満ちた文化、魅惑的な歴史に完全に浸ることができます。彼の慎重に厳選された旅程は、古城の探索、アイルランドの民間伝承の探求、伝統的な料理の満喫、あるいは単に趣のある村の魅力に浸るなど、さまざまな興味や好みに応えます。ジェレミーはブログを通じて、あらゆる立場の冒険家が知識と自信を身につけて、アイルランドの多様な風景を旅し、温かく親切な人々を受け入れるための思い出に残る旅に乗り出せるようにすることを目指しています。彼の有益な情報と魅力的な文体は、読者をこの素晴らしい発見の旅に誘います。彼は魅力的な物語を紡ぎ、旅行体験を向上させるための貴重なヒントを共有します。ジェレミーのブログを通じて、読者は綿密に計画されたロードトリップや旅行ガイドだけでなく、アイルランドの豊かな歴史、伝統、そしてアイルランドのアイデンティティを形成した注目に値する物語についてのユニークな洞察を見つけることを期待できます。あなたが経験豊富な旅行者であっても、初めての訪問者であっても、ジェレミーのアイルランドに対する情熱と、他の人がその驚異を探索できるように支援するという彼の取り組みは、間違いなくあなたを刺激し、忘れられない冒険へと導くでしょう。